リフォーム中の仮住まい

意外と忘れがちなのがリフォーム中の仮住まいについてです。
大規模な住宅リフォーム工事をオーナーが住みながら行うと、工事部分や資材搬入でプライベートの空間を維持するために余計な工事期間とコストが発生してしまいます。

長期に渡るリフォームの場合、一時的に住まいを明け渡し、工事を一気に進めた方が効率が良くなります。
工事が始まってからでは遅いので、早めに仮住まいの住居を見つけましょう。
賃料は期間のゆとりをみて引っ越し代も含めて予算をとりましょう。
できれば徒歩圏でリフォーム中の我が家と行き来しやすい徒歩圏の物件がいいですが、短期となると条件があわない場合があります。
近くにマンスリーマンションがあれば短期での住まいも可能なので便利ですがマンスリーマンションは比較的市街地に多いため自宅と離れてしまうことになる場合も。

もし仮住まいの住居が見つからない場合はリフォームのご相談の際にお気軽にご相談ください。
弊社提携の不動産会社がお客様に最適な立地条件と家族構成にあった物件をご案内致します。
仮住まいといえども家族がストレスの無いように住める住居が必要です。
鹿児島ではあまり短期貸しの物件はみつからないかもしれませんが、不動産のネットワーク
により短期の仮住まいでもご紹介できる物件が多数ございます。
鹿児島での住宅リフォームする際の仮住まいについて知りたいことがございましたら鹿児島リフォームネットまでお気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました