鹿児島 リフォーム
フリーダイヤル0120-880-130 ネット受付24時間365日 ■サイトマップ

『鹿児島のリフォームブログ』カテゴリーの投稿一覧

リフォーム瑕疵保険って何?

リフォーム瑕疵保険とはリフォーム工事の完了後、リフォームをした部分に欠陥(瑕疵)が見つかった場合にその修繕費用を賄うための保険です。

リフォーム瑕疵保険は、施工請負業者が保険法人と契約して消費者に保険付きの保証書を発行します。
ただし、請負業者には、保険加入の義務はありませんので、契約前に確認しておくことが大切です。
リフォーム瑕疵保険に加入している業者なら万一のときに安心ですね。
このリフォーム瑕疵保険は、保険法人の審査をクリアした業者でないと保険法人に登録できません。業者選びの一つの目安として考えておくといいでしょう。

では、リフォーム瑕疵保険が対象となる物件は?戸建て住宅・共同住宅とも人が居住している住宅が対象です。
分譲マンションは。専有部分の内装・設備工事が対象で、共有部分は含まれません。
最も重要なポイントとして現行の「新耐震基準」に適合している住宅であることです。
適合していない住宅だと対象外になりますので注意が必要です。ただし、耐震改修などリフォームにより適合させる場合は対象になります。

リフォーム瑕疵保険を契約する場合は、工事に対して保険法人の検査を受ける必要があり、工事の内容により1回または2回と検査の回数が異なります。

万一、保険金を支払ってもらわなくなったら、どのような場合だと支払われるのかをご説明します。
リフォーム工事が原因で、構造耐力上主要な部分が基本的な耐力性能を満たさない場合や雨水等の防水性能を満たさない、という場合、またそれ以外でも社会通念上必要とされる性能を満たさない場合に保険金が支払われます。

対象外となるのは、内外装の色の誤り、塗装の色ムラ、防音性能・断熱性能です。施工や組み立てが原因の場合を除いて機器自体の不具合は対象外です。

リフォーム瑕疵保険の保証期間は、工事内容等で異なりますが、リフォーム工事完了確認日から5年間または1年間です。
支払限度額は、保険法人、リフォーム工事の請負金額によって異なり、100万円から最大1000万円です。(損害金額が10万円以下の場合は保険金は支払われません。)

保険料も工事内容・工事請負金額に応じ、2万円前後から6万円前後と保険法人によって違いがあります。
保険料以外に、工事中検査と完了時検査それぞれに現場検査料もかかります。

鹿児島の皆さま、住宅のリフォーム工事をお考え方は、鹿児島リフォームネットまでお気軽にご相談ください。
保険対象工事についてもご不明な点はお問合せください。

img_hoken

水廻りリフォームで失敗しないために考えておくこと

お風呂やトイレのリフォームしよう、そう思い立ったら、リフォームの流れやリフォームでできること、できないことを調べてみましょう。
リフォームをされたことがある方も、初めてリフォームをする方も、水廻りリフォーム前の注意点や一般的な流れを頭にいれておくこともリフォームで失敗しないためのポイントです。

浴室、洗面、トイレ等の水廻りリフォームはキッチンと同じくらいよくいただくご相談です。
特に古い建物の場合、1.5畳程のスペースに洗面台や洗濯機が置かれていることが多く、収納スペースが足りないということが多いようです。
狭い場合は、増築で面積を広げても良いですが、例えば洗濯機をもの芝の近くに移動する、洗面台は脱衣所とは別の場所に設置するなど、それぞれの機能を考慮してリフォームすることが良いこともあります。そうすることでゆとりをうまく設け、生活動線が改善されることがあります。
逆に、トイレ・洗面・脱衣所を合わせてワンルームにしてしまうことで、スッキリとした間取り、使い易い間取りになることもあります。

リフォーム前に考えておきたいこと
■浴室
・浴槽の大きさ、洗い場の広さ、材質、寒さなど
・入浴時に楽しみたいこと(テレビ・音楽・ミストサウナ・景色など)
・給湯の熱源
・換気

■洗面
・配置(脱衣所内)
・置いておくもの(家電品・洗面雑貨・化粧品)

■トイレ
・広さ
・出入り口
・寒さ
・換気
・手洗い場所

リフォーム前の注意点
・水廻りのリフォームでは給排水管の移動が必ず伴います。切り離しや新設経路の確保が可能かの確認が必要です。
・床を剥がさない床下作業で切りまわすためには床下の高さも確認しておきます。
・1階から2階へ水廻りを移すには、天井裏で水が自然に流れる角度(配管勾配)の確保が必要です。
・竪管を新設する場合は、1階に影響しないように配置します。
・天井裏に換気扇・乾燥機など設置スペースが必要です。

鹿児島リフォームネットは、水廻りリフォームの実績も多数あります。水廻りで不便を感じていらっしゃる方、水廻りリフォームをご検討中の方は、是非当社へご相談ください!
お客様の最適な水廻りリフォームプランをご提案します。

img_senmenjo

鹿児島の家づくり パッシブデザインのススメ

パッシブデザインとは、エアコン等の機械を用いずに建築的な工夫で自然のエネルギーを利用することによって住まいを快適にする設計手法のことをいいます。

鹿児島は、高温多湿な気候で、桜島の降灰や、冬には積雪することもある過酷な環境下です。
自然の力と敷地の自然環境を知り、多様な力を生かした家づくり・配置を行うパッシブデザインを取り入れてはいかがでしょうか。

パッシブデザインは特別なことではなく基本的なことで、家を建てるとき、リフォームするときに活用できる部分も多くあります。
太陽の熱・光、風といった自然のエネルギーを利用して、夏は涼しく、冬は暖かい、省エネで過ごしやすい家づくりが実現できます。

例えば、太陽熱を効率よく得るには、窓を真南から東西30度以内の角度で配置し、庇や隣の家の影等を考慮してその窓から長時間に熱を受けるように配置します。

ですが、窓を大きくすればよいというものではなく、デメリットもあります。
東・西向きの窓を大きくすれば夏の熱を取り入れる量が多くなってしまいます。窓の大きさ、窓の数や向きによっても冬の熱をうまく取り入れることができません。
冬の寒い時に、効率よく熱を蓄えるためには、天井、床、壁等の材質に築根悦性の高い素材を使い、夏は庇などで日射を遮り室内に入りにくくすることも考慮します。

昼間の太陽光は照明として利用します。室内の明るさも効率の良い窓の配置を工夫して、高い位置に窓を設けて奥まで光を取り入れる。そうすると部屋が均一に明るくなりプライバシーも確保できます。
窓が縦長でも部屋の明るさは均一で周囲の障害物の影響も受けにくくなります。

窓は光を取り入れますが、熱を取り込むという点もあります。夏の暑い時期はブラインドやカーテン、すだれなどを利用して調整する必要があります。

家のなかを吹き抜ける風は、建物の配置と間取りが影響します。
風の入り口・出口となる窓のバランスも大切で、どちらかの窓は大きくて、一方の窓が小さいという場合は十分な通風は期待できません。なるべく大きさが近い窓で、風の入り口・出口がス
トレートな位置関係になっていれば効果が期待できます。

庭に樹木が植えられる場所があれば、樹木の効果も利用しましょう。
北側に常緑樹があると、夏は木陰を作って地面を冷やし冬は北風を遮ってくれます。南側の落葉樹は、夏日差しをを遮り蒸散の効果を得られます。冬は落葉するので太陽熱・光を遮りません。

img_passivedesign

マンションリフォームでどんなことができる?

マンションのリフォームは、管理規約を満たすことが大前提です。管理規約はマンションごとに定められていますのでリフォームを検討する前にはきちんと確認しておきましょう。
管理規約は、一般的ににNGとされていても、管理規約で許可されていることもありますが、逆に管理規約で禁止されていることもあります。
リフォームをすることを前提としてマンション購入される場合は、管理規約を必ず確認することが重要です。

●キッチンのリフォームはできる?
給排水の経路、レンジフードの排気経路が確保できる場合、レイアウトの変更は可能です。
注意点として、壁紙で排気口を塞がないようにします。十分な吸気が確保できるようにしましょう。IHや食洗機等は電気容量も確認してください。

●トイレや洗面はリフォームできる?
トイレが壁排水の場合は排水口の取り付ける高さと勾配が確保できればレイアウトを変更できます。
床排水の場合は、二重床で排水経路が確保できればOKです。
建築基準法の防火区画の制限により、樹脂製の便器は設置できませんが、陶器製なら大丈夫です。

洗面もキッチンと同様、給排水経路が確保できれば可能です。
梁下空間に設置するには、高さも考慮して商品を選びましょう。

●天井はリフォームできる?
天井に空間がある二重天井の場合、ある程度自由にリフォームできます。
マンションは構造体のコンクリート内側までなら天井裏も専有部分になります。
ただし、天井に空間がない直天井だと配線や配管が露出するため移動や撤去が難しくなります。

●床をリフォームしたい!できる?
管理規約の規定に満たす仕上げであれば可能です。
床材の遮音性能や水回りの位置変更は、下階と生活範囲が変わることもありますので配慮も必要です。

●窓・サッシを変えたい!できる?
内窓を設定することは可能です。
マンションの場合、窓ガラスの交換やサッシ枠の設置、サッシ本体の交換などは外観に影響することがあるので基本的にはできません。

●玄関ドアを変えたい、できる?
室内側のドアの表面の塗装、ドアクローザー、チェーン、カギ、取っ手等の交換は可能です。ただし鍵の増設、取っ手の形状変更は管理組合の承認が必要です。
外側は、マンションの共有部分にあたるため、表面の塗装やドア自体の交換はできません。

※マンションの専有部分
各住戸の所有者がリフォーム可能な部分です。
玄関、水回り、内装材、建具、キッチンなどは住宅設備機器にあたります。

※マンションの共有部分
外壁、廊下、屋根、ロビーなど各住戸の所有者全員が所有権を持つ部分のため、リフォームはできません。

img_mansion_reform

一戸建てリフォームでどんなことができる?

戸建て住宅だと、自由にどんなリフォームでもできる!とお考えの方も多いと思います。
間取りの変更、和室から洋室にリフォームする、窓を増やしたい、2階建て3階建てにしたい、などお客様によって様々なご要望がありますが、建築基準法によってできることとできないことがあり、自分の持ち家だからと自由にリフォームしても良いというわけにはいきません。

鹿児島のみなさま、戸建て住宅のリフォームで、できること、できないことがあるのをご存知ですか?
今住んでいる家や中古の戸建てを買ってリフォームしたいと思ったら確認しましょう!

●間取りの変更はできる?
もちろん可能です。
既存の建物の構造や工法により自由度は変わります。
在来工法や鉄骨造、鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)は、建物を支えている柱や梁、筋外の移動はできませんが、間仕切りの壁は移動可能ですので、間取りの変更はやりやすいといえます。
ツーバイフォー(2×4)工法や壁式構造は、床、壁、天井で建物を支える工法のため、間取りの変更は制限されてしまいます。

●築年数が30年以上経っている家でもリフォームはできる?
築年数30年以上の建物でもリフォーム可能です。
ただし、建築基準法が改正される前の1981年(昭和56年)よりも前に建てられた家は注意が必要です。
改正された建築基準法の耐震基準に満たない場合があるからです。
満たない場合は、耐震補強が必要になることがあります。

●2階建てを3階建てにできる?
基本的はできません。
なぜかというと、建物を支えることが構造的に難しいためです。
建物の高さが法律的に制限される場合(斜線制限)もあります。

●窓を増やしたい、大きな窓にリフォーム、できる?
基本的に、建物を支えている壁に窓を増やすことはできません。
既存の窓を大きくする場合、窓の幅を広げることは難しいですが、高さを高くすることは比較的容易です。

●増築はできる?
建築基準法で定められている建ぺい率や容積率によって異なります。
既に法定いっぱいに建っている場合は増築できません。

※建ぺい率・・・敷地面積に対する建築面積の割合
※容積率・・・・敷地面積に対する延床面積の割合

●吹き抜けを作りたい!できる?
木造住宅であれば可能です。
ただし、構造的に弱くなる部分ができる可能性がありますので、ほかの部分で補強が必要になることがあります。
工法によって、壁、床、天井で建物を支える構造だとできない場合があります。

img_kodate_ok-ng

鹿児島の耐震リフォーム 木造住宅編

外観の美しさをキープするリフォームや暮らしやすさにこだわったリフォーム、水回りのリフォーム、防水工事や耐震リフォームなど様々な種類のリフォームがあります。
今回は、木造空住宅の基本的な耐震構造について書いていきます。

家にかかる力は上から下に流れていきますが、家自体のおもさ、家具や人の重さ、屋根に積もった雪の重さなどの重力と、強風、台風、地震など横方向の水平力に耐えられる構造でなくてはなりません。

重力と水平力は柱や梁を介し上から下へと流れていきます。
例えば2階建ての戸建て住宅で、1階と2階の柱の位置を見てみます。もしずれている箇所が多いという場合には重さに梁が耐えられるような大きさになっているかが問題で、理想は上と下の主な柱や梁が規則正しく格子状に並んでいることです。

横方向の水平力は、台風などの強風や地震などの揺れで骨組みが変形してしまうことがあります。骨組みだけでは不十分なので、耐震壁の強さが重要です。

耐震壁の強さやバランスが悪いと、横方向の力が働いたときに倒壊してしまう恐れがあります。
木造住宅の耐震性をみるときの一番カンタンな方法です。

耐震壁は量が不足している場合でも強さに影響しますが、量が足りていてしっかりと止め付けされていても地震などの横方向の力によってねじれてしまい、建物が破壊されてしまうことがあります。
建物には重心と剛心、2つの中心があるため、お互いの力によりねじれが生じてしまいます。
バランスよくきちんと配置されていれば、重心と剛心、2つの中心は建物平面の中心付近あります。2つの位置が離れれば離れるほど、ねじれが大きくなり、建物へのダメージも大きくなってしまいます。

戸建て住宅では、日当たりや明るさを重視することも多いため、南面に大きな窓があり壁の部分が不足します。逆に北面は間仕切りも多く、南面に比べる窓が少ないため、壁が設けられます。
これが耐震壁のバランスを悪くすることにもつながってしまうのです。

鹿児島で木造住宅のリフォームや購入をご検討されている方は、南面に壁を追加したりより強い壁に変えるなどの対策をお勧め致します。

鹿児島の皆さま、戸建て住宅の耐震リフォームをお考えの方はお気軽に鹿児島リフォームネットまでお問合せください。

img_hari

鹿児島市のリフォーム補助金

鹿児島市の住宅の耐震診断、改修工事、リフォーム費用の一部を補助する安全安心住宅ストック支援事業について、補助内容や補助条件をご案内致します。

【補助内容】
・耐震診断
昭和56年5月31日以前に着工された戸建て住宅で、耐震診断費用の一部を補助
補助率 3分の2 (限度額:10万円)

・耐震改修工事
耐震診断の結果により、耐震性が不足していた戸建て住宅の工事費用の一部を補助
補助率 2分1 (限度額:100万円)

・耐震改修工事をする戸建て住宅など、あわせてリフォームする費用の一部を補助
補助率 20%~40% (限度額:20万円~40万円)

・耐震性がある戸建て住宅、分譲マンション専有部分(昭和56年6月以降に建築)を子育て・高齢者世帯が行うリフォーム費用の一部を補助
補助率 20%(限度額:20万円)

【受付開始時期】
5月頃~
※詳細は鹿児島市ホームページ安全安心住宅ストック支援事業をご覧ください。

【補助の要件】
・対象工事が20万円以上のリフォーム
・診断や工事は、補助申請後に「補助金等交付決定通知書」が届いてから行う
・診断や工事の完了は、工事完了期限までに行い鹿児島市に実績を報告すること
・耐震診断技術者が行った耐震診断
・耐震診断技術者が設計及び監理を行う耐震改修工事
・耐震改修工事の条件は以下を満たす工事であること
 木造⇒上部構造評点が1.0以上となる
 木造以外⇒Is値0.48以上となる
・工事内容は他の住宅関連助成制度と重複しないこと
・鹿児島市木造住宅耐震診断・耐震改修工事補助事業の補助金交付を過去受けていないこと

※安全安心住宅ストック支援事業の詳細は鹿児島市ホームページ(安全安心住宅ストック支援事業のページ)をご覧ください。

img_201604_reform_hojokin

鹿児島 リフォームで予算オーバーしたときの対処法

リフォームの見積りをとってみたら思ったよりも予算オーバーしてしまった!というケースは意外と多いようです。
せっかくリフォームするのだから、少しでも希望通りにリフォームしたいと思うのは仕方がないことだと思います。オーバーした費用が許容範囲であればいいのですが、予算を増やすこともできないという場合、どうすればいいのかというご相談をいただくことがあります。

予算よりも高くなってしまう多くのケースは、リフォームしたいことが増えてしまった、想定外の工事が必要となってしまった等があげられます。

せっかく新しくなるのだから、キッチンやトイレなど設備のデザインにあわせて壁紙や床もきれいにしたい、ショールームで実物を見ていたらワンランク上の設備がほしくなったというような要望が増えてくると予算オーバーする可能性も出てきます。
予算オーバーしてしまったら、リフォームでやりたいことに優先順位をつける、資材・設備のグレードダウン、工事範囲を狭くするなどの方法があります。
床の張替え、壁紙などの資材、キッチンや浴室などの設備のグレードダウンでコスト減につながりますが、後々後悔しないように実物を見て判断されることをおすすめします。

また、リフォームする場所の優先順位は明らかにしておくと、再度見積りをとるときにスムーズになります。
例えば、機能やデザインが同じような設備であっても商品によってはコストが下げられたり、プラン変更で工事が簡略化されたりすることがあります。
それでも予算オーバーという場合には、優先順位が高い順にリフォームし、優先順位の低い部分は改めてリフォームすることもひとつの方法です。

想定外の工事が必要になってしまったケースとしては、洗面台やシステムキッチンを新しいものに交換するだけの予定が、給排水管が劣化していたため工事が必要になったというケース。
普段目にする場所でないため、リフォームがきっかけ想定外の工事が発生してしまうこともありますので、そういったことも考慮して予算計画を立てておくといいでしょう。

リフォームの目的は、老朽化、家族構成の変化、物件購入など様々です。
外壁の亀裂、設備の故障など直すリフォーム、収納スペースが作りたい、リビングを広くしたいといった見直すリフォーム、こだわりのデザイン・インテリアにしたいといった加えるリフォームなど、工事する内容も大切ですが、リフォームする目的もご相談していただけると費用が抑えられることもあります。

鹿児島リフォームネットでは、お客様にご満足いただけるリフォームをご提案しております。お見積りは無料ですので是非ご相談ください。

img_yosan

鹿児島 リフォームとリノベーション

リフォームを検討しているとリノベーションという言葉を耳にする方も多いのではないでしょうか。
リフォームとリノベーション、何がどのように違うのかご説明します。

リフォームとは、改装や改築のことで、一般的に古くなった設備や内装を新しく作り変えたり、間取りを変更することを指しています。壁紙の張り替えや設備の取り換えなどちょっとした改装から外壁・外装の塗り直しから大掛かりな改築・増築などもリフォームと言われています。

リノベーションは、既存の建物のよさをいかしながら大規模な改修を行うことで、電気・ガスの配管なども全面的に改修して新築の状態よりも性能を向上させたり、デザインや間取りに変更を加えることで新たな付加価値を生み出し、資産価値を高めたりすることで使われています。
リノベーションのメリットは、新築を建てるよりもコストを抑えられたり、自由に設計できるといったことがあげられます。自分のニーズに応じて自由に表現することができ、建売住宅やマンションのような無難な内装ではなく自分だけのライフスタイルを演出することが可能です。

ただし、築年数が長い中古住宅やマンションを購入してリノベーションする場合には注意点があります。それは建築基準法の改正により、当時と現在では基準が引き上げられたリ、耐震基準を満たさなくなってしまっている場合があるからです。そうなると耐震改修が必要となり、別途費用がかかってしまうこともあります。
中古住宅を購入してリノベーションする場合は、引き渡しまでに建物検査、設計、施工などの作業を要するため、住むまでの時間も必要になります。理想の住まいにするためには、じっくりと打ち合わせをすることも重要です。
また、リノベーションの費用にローンを利用する場合、一般の住宅ローンが利用できないため、住宅ローンとリフォームローンを利用する必要があります。金利も一般の住宅ローンよりリフォームローンの方が高い傾向があるため、資金計画もきちんと立てておくことが大切です。

リフォーム、リノベーションをご検討中の方は、弊社鹿児島リフォームネットまでご相談ください。

img_living_renovation

鹿児島の店舗リフォームにまつわるポイント

初めてお店を開業したり店舗のリフォームを検討されるとき、一番予想がつかないのが工事にかかる費用だという方も多いのではないでしょうか。
店舗の内装工事は、既設の状態やお店の業種や業態により異なるため一概にはいえません。
また、店舗の内装工事といっても、解体・撤去工事から電気・ガスなどの設備工事など様々な費用がかかってきます。
まずは現状を把握し、早い段階で専門家に相談することをお勧めします。

今回は、店舗リフォームをする場合のポイントをご説明します。
物件の状態によりますが、既設のものを使用するまたは使用できるか、テナントの条件なども考慮して、解体・撤去が必要か等現状を確認します。
こだわりのデザインを取り入れることも商売成功の大切なポイントですが、機能面も考えたリフォームも重要事項です。

◆解体・撤去工事
物件にもよりますが、スケルトンの状態だと解体・撤去工事はあまりありませんが、居抜き物件だと既存のものを使用するか、または使用できない場合は解体・撤去工事が必要です。天井、床、壁など、どこをどの程度解体または撤去が必要かにより費用は大きくかわってきます。
予算を少しでも抑えたい場合、極力解体・撤去工事が必要のない物件を選ぶとよいでしょう。

◆外装工事(ファサード工事)
仕上げ材料、サッシュにより左右されますが、基本的に外装工事にかかる費用は面積に比例します。
お店の顔ともいえる外装は、集客につなげるための重要な部分です。入店しやすいか、お客様に気付いてもらえるか等さまざまな視点から考えることも大切です。また同業種で流行っている店舗のリサーチも重要ポイントです。

◆内装工事・設備工事
デザインや仕上げ材料により大きく左右される内装工事ですが、業態によっては、電気・ガスなどの容量を追加する工事が必要になることもあります。そうなれば、もちろんその分の費用がかかります。
テナント物件を選ぶときは、電気やガスの設備も確認しておきましょう。居抜き物件をリフォームする場合は、前のテナントの業態により、そのまま使用できるという判断はできます。

img_cafe

弊社鹿児島リフォームネットでは、店舗改装の実績も多くお客さまからも信頼をいただいております。
お見積りは無料です。店舗リフォームをご検討中の方はお気軽にお問合せください。

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

鹿児島リフォームネット
〒892-0837 鹿児島県鹿児島市甲突町21-5
TEL.0120-880-130FAX.099-208-7766

鹿児島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


鹿児島で住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっています。鹿児島のリフォームはお任せ下さい。
他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを鹿児島の皆さまに安心低価格でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。
各種リフォームやリノベーション(再生)、新装、新築注文住宅を鹿児島で専門とするリフォーム会社です。

© 鹿児島 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.