鹿児島 リフォーム
フリーダイヤル0120-880-130 ネット受付24時間365日 ■サイトマップ

鹿児島市 中古物件のリフォーム

中古物件を購入してリフォームをするのは、テレビやメディア等でも話題となり実は注目されるトレンドとなっています。
中古物件は、新築よりも手ごろな価格で購入でき、自分たちの予算で自分好みにアレンジできたり、住みたいエリアの中から比較・検討できるメリットがあります。
すでに建物があるので、景観や周辺環境、マンションなら管理状況のチェックもでき、近隣の雰囲気、物件の状況のほか日当たりなどもよくわかります。また建て替えするより解体の費用、廃材の処分費用を抑えることもできます。
中古物件の購入も新築住宅の購入と同様に利用できる住宅ローン控除や贈与税非課税制度等の優遇制度が利用できる場合もあり、リフォーム工事の内容によっては、補助金制度が利用できることもあります。

ただし、ケースによってはデメリットもあるので要チェックです。
例えば、建物には変えられない部分もあり、構造や柱の老朽化が進んでいると間取りの変更が難しいこともあります。その場合は、新築よりもコストがかかることがあります。
中古マンションだと管理規約でリフォーム工事の自由がきかないこともありますので事前に確認しておきましょう。
鹿児島でリフォームをご検討中の方は、鹿児島リフォームネットまでお気軽にお問合せください。

鹿児島D様邸 外観塗装

鹿児島の戸建の全面塗装例をご紹介します。
壁面は水性系の微弾性塗料を使用しました。施主様・ご近所様への塗料臭も軽減できる材料です。
また1階と2階との間にラインを入れて壁色も分け、これまでと雰囲気が変わり生まれ変わりました!

●Before
img_04b

●After
img_04a

img_05

鹿児島 建築塗装

鹿児島の賃貸アパートの外観、屋根等の建築塗装例をご紹介します。
壁面は微弾性塗料を使用し、ヘアークラックを無くして明るく落ち着いた色合いに仕上げました。
屋上は、雨捌けをよくし建物に水分が吸収されず鉄筋の腐食を防ぎ、ウレタン防水で仕上げました。
通路も雨水でも滑らない防水材を使用サッシ枠などのコーキングも打ち替えました。建物の老朽化を防ぎ入居率も高くなることに期待できます。

【外壁】
●Before
img_01b

●After
img_01a

【屋根】
img_03

【通路】
img_02

鹿児島リフォーム 外壁塗装

常に太陽や風雨にさらされている外壁は、定期的なメンテナンスをすることで、大切な家を長持ちさせることになります。
今回ご紹介する外壁の施工事例は、窓まわりや外壁材のつなぎ目や亀裂にコーキングの処理を施す補修作業の施工前と施工後の写真です。

【外壁】
●Before
before_01_c

●After
after_01_c

【経年による劣化補修】
●Before
before_02_c

●After
after_02_c

【コーキング】
●Before
before_03_c

●After
after_03_c

鹿児島のリフォーム事例【カーポート設置・砂利敷・芝張り・縁石】

鹿児島のリフォーム事例カーポート、外構の施工前と完成後の写真をご紹介します。
固まる土を均一に敷き均し、砂利敷き、芝張りをしました。
隣との境界にはブロックを積み、建物まわりには縁石や砂利を敷き、すっきりとした印象になりました。

【カーポート設置】
●Before
before_01_b

●After
after_01_b

【砂利敷、芝張り】
●Before
before_02_b

●After
after_02_b

【境界ブロック積み】
●Before
before_03_b

●After
after_03_b

【砂利敷、縁石】
●Before
before_04_b

●After
after_04_b

鹿児島のリフォーム事例 外構(エクステリア)

鹿児島県国分の外構のリフォームをさせていただきました。
工事内容は、土間生コン打設、カーポート、玄関入口、ストーンタイルアプローチです。

●Before
before_01_a

●Afterafter_01_a

整地をしてカーポートを設置しました。
木目調のドアに合った木目のフェンスで、外からの視線も気にせずお過ごし頂けるようになりました。玄関ゲートとストーンタイルアプローチで一体感を作り、周囲との調和を考えたスペースが実現しました。

●Before
before_03_a

●Afterafter_03_a

鹿児島の店舗リフォーム ヘアカラー専門店

鹿児島市桜ヶ丘の大型スーパー空きテナントのリフォーム事例をご紹介します。

●ヘアカラー専門店Coco Color様
cococolor01

cococolor03

cococolor02

鹿児島リフォームネットでは、お客様のご要望はもちろんご予算に応じたご提案もさせていただきます。
お見積もりは無料ですので、お気軽にお問合せください。

二世帯リフォーム 鹿児島 リフォーム

最近は二世帯住宅のリフォームをご希望されるお客様も増えてきました。
高齢化が進むにつれて、ご自宅を二世帯住宅へリフォームして親と生活できるようにするという関心が高まっています。
家は、日ごろの疲れを癒して、家族と大切な時間を過ごす場所です。ですが、いくら家族とはいえ、ライフスタイルや価値観は人それぞれ違うもの。プライバシーを守ることにも気を配らなければなりません。
二世帯住宅へのリフォームは、親と一緒だと安心できるという良い面もありますが、よく話し合ってお互いの生活を尊重し合うように心がけるようにしましょう。また、介護が必要になったときのことを考えてバリアフリー、使いやすい生活導線の確保などの配慮もしておくことをお勧めします。

一言で二世帯住宅といっても、様々な同居スタイルがあります。
・玄関からリビング・キッチン・バスルームなどすべてを分離するタイプ
・玄関やリビングなど一部を共有するタイプ
・個人の部屋以外はすべて共有するタイプ

限られた空間でどこまで分けて、どこまで共有するか、同居によるトラブルを避けるためにも家族でじっくり相談して理想の二世帯住宅にしましょう。

こちらは35年前に建てた注文住宅。子供さんの結婚を機に同居するため二世帯住宅にしたいというご相談でした。建ててから30年以上経っていましたが、既存の良い部分を引き立てつつ、独立性・プライバシーに配慮した二世帯住宅になりました。

二世帯住宅を検討しているけど、新築とリフォームどちらがいいのか、間取りはどうすればいいのか、二世帯住宅にする工事費用はどのくらいかかるのかなど、悩みは尽きないと思います。わからないことがありましたら、鹿児島リフォームネットまでお気軽にご相談ください。

できるだけ自己負担額を減らそう!「安心快適住宅リフォーム支援」を活用 鹿児島 リフォーム

全国的にも多くのリフォーム補助金制度が設けられていますが、鹿児島市でも「安心快適住宅リフォーム支援事業」が今年も実施されます。
「安心快適住宅リフォーム支援業」とは、鹿児島市民が鹿児島市内の施行業者を利用して20万円以上の住宅(個人)のリフォームをする際に経費の一部を補助する制度です。(条件あり)
申込は7月1日(月曜日)から鹿児島市役所で受付が始まります。
できるだけ自己負担額を減らし「安心快適住宅リフォーム支援業」を活用して、快適な環境を整えていただきたいと思います。

【募集回数】
1回募集とし、平成25年7月1日(月曜日)から予算に達するまで受付

【工事期間】
平成25年7月上旬から平成26年1月31日までの約7ヶ月間

【事前審査】
5月7日(火曜日)から6月21日(金曜日)の約50日間
事前審査を受けた方は、7月1日以降の申請受理後、早期の補助決定(1週間程度)を行い早くリフォームに着工できます。

【世帯種別】
1 一般世帯
リフォーム工事費の10%(上限10万円)
対象:全ての世帯
対象工事:増築、間取りの変更、外装、内装、水まわり等の改修

2 子育て世帯
リフォーム工事費の20%(上限20万円)
対象:高校生以下の子どものとの同居世帯
対象工事:増築、間取りの変更、内容、水まわり等の改修

3 高齢者世帯
リフォーム工事費の20%(上限20万円)
対象:高齢者(平成25年4月1日現在65歳以上)または障害者(身体障害者手帳1~4級、精神保険福祉手帳1、2級、療育手帳A1~B1)の居住世帯
対象工事:増築、間取りの変更、内容、水まわり、バリアフリー等の改修

【補助条件】
対象者:鹿児島市内に住民登録があり市税を滞納していない市民
対象住宅:対象者が所有し、住んでいる住宅(貸家は対象外)、分譲マンションも対象
工事の要件:「1 一般世帯」「2 子育て世帯」「3 高齢者世帯」のいずれかで、対象工事を20万円以上行うこと

【木造住宅耐震改修補助との併用】
昭和56年以前の木造住宅の耐震改修に上限30万円の補助もあります。耐震改修と併せてのリフォームは、世帯種別に関わらず、上限20円の補助となり、最大50万円の補助を受けることができます。

詳しくは、鹿児島市役所ホームページ【住宅リフォーム支援サイト】へ。鹿児島市にお住まいで住宅リフォームをご検討中の方はチェックしてみてください。

安心快適住宅リフォーム支援 鹿児島

鹿児島 Pマーク取得のための事務所(オフィス)リフォーム

今回は、プライバシーマークを認証取得するため、事務所をリフォームしたいという鹿児島市のお客様のリフォーム事例をご紹介します。

2005年4月に施行された個人情報保護法に伴い、企業においても個人情報保護への取り組みが重要な課題のひとつとなっています。
プライバシーマークを取得するためには、事務所のレイアウトにセキュリティゾーンを設けます。このセキュリティゾーンは許可した人のみを入出させ、木製建具から電気錠(ICカードシステムの導入)へ交換や事務所の内部へ入るお客様には外部の人だと識別できる名札の用意、入出の記録をとり、社員は別途通用口を設けてそちらを利用するようにする。このほかにも鍵の使用管理がなされているか、コピー機・FAXなどの危機は一般共用通路に設置されていないかなど物理的な安全対策が必須です。
サーバー室や役員スペースなど入り口から遠くにレイアウトすることで、情報の漏洩や侵入などのリスクを軽減します。

今回の事務所リフォームは、受付から事務所内がすべて見渡せるのでパーテーションで仕切るかドアを取り付けたい、サーバー室と社長室を設けたいというご相談でした。
構造上の問題もあり、受付にはパーティーションを設置し少し広めにレイアウトしました。これまで外来者から見えていた社内のパソコン画面が直接見られないようになり、セキュリティ性を向上させることができました。
サーバースペースと社長スペースは、侵入や漏洩などのリスクを軽減できるよう入り口から遠くにレイアウトし、プライバシーに配慮することで、来客対応や決済業務などに対応できるセミオープンの社長室を設けました。

鹿児島でオフィスリフォームをご検討中の企業様、弊社鹿児島リフォームネットは、プライバシーマーク取得に即したプランニングも行えますのでお気軽にご相談ください。

事務所リフォーム 鹿児島

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

鹿児島リフォームネット
〒890-0082 鹿児島市紫原3丁目34-9 第4田畑ビル1階
TEL.0120-812-818

鹿児島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


鹿児島で住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっています。鹿児島のリフォームはお任せ下さい。
他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを鹿児島の皆さまに安心低価格でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。
各種リフォームやリノベーション(再生)、新装、新築注文住宅を鹿児島で専門とするリフォーム会社です。

© 鹿児島 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.