鹿児島 リフォーム
フリーダイヤル0120-880-130 ネット受付24時間365日 ■サイトマップ

省エネルギー基準で減税

前回はエコリフォームについて少しお話いたしました。
環境にも住人にもお財布にも優しい結果となる住宅のエコリフォームを行うと、所得税や固定資産税の減税が受けられます。
そのためには平成11年に定められた「次世代省エネルギー基準」の条件を満たすリフォームが必要です。
省エネルギー基準にクリアするためには以下の条件が必要です。
1.外壁・屋根、天井、床、基礎、開口部(ドア、窓)の断熱性能を高める。
2.断熱部位や開口部(窓、ドア)の機密性を高める。
3.夏の日射を遮る工夫をする。
4.風通し計画に配慮した設計をする。

断熱材の厚さやドアの仕様など地域別に明示してありますのでそれぞれの地域にあった材料と厚さを選びます。
断熱材料は主に3つあり、無機繊維系、発砲プラスチック系、自然系ですがそれぞれの素材によって断熱性が異なり、厚くするほどその性能も上がります。

以下の3つのリフォーム基準を満たすとそれぞれに減税が受けられます。
耐震リフォーム
 1981年5月31日以前の耐震基準で建築された住宅を現在の耐震基準に適合させる工事。

 所得税の減税:最高20万円が所得税額から控除(ローンなしの場合)
 固定資産税の減税:
 耐震リフォーム翌年度以降2年間の固定資産税額が2分の1減額(平成25年からは1年間、120㎡相当分まで)
 贈与税の非課税:
 リフォーム資金を直系尊属からの贈与により取得した場合、一定の条件を満たすと平成24年中1,500万円まで贈与税非課税

バリアフリーリフォーム
 指定する8種類のいずれかに該当する改修工事。改修費用が30万円以上であること

 1.通路などの拡幅
 2.浴室改良
 3.トイレ改良
 4.手すりの取付
 5.床の段差の解消
 6.出入口の戸の改良
 7.滑りにくい床材への取替え
 8.階段の勾配の緩和

 所得税の減税:
 ローンありの場合、年末ローン残高の2%または1%が5年間所得税額より控除
 ローンなしの場合、最高15万円が所得税額から控除
 固定資産税の減税:
 翌年度の固定資産税額(100㎡相当分まで)が3分の1減額
 贈与税の非課税:
 リフォーム資金を直系尊属からの贈与により取得した場合、一定の条件を満たすと平成24年中1,500万円まで贈与税非課税

省エネリフォーム
窓の改修工事とそれに併せて床、天井、壁の断熱改修工事を行う、太陽光発電設備設置工事等。

所得税の減税:
ローンありの場合、年末ローン残高の2%または1%が5年間所得税額より控除
ローンなしの場合、最高20万円が所得税額から控除(窓の改修と会わせて太陽光発電設備を設置の場合は30万円)
贈与税の非課税:
リフォーム資金を直系尊属からの贈与により取得した場合、一定の条件を満たすと平成24年中1,500万円まで贈与税非課税

リフォームに関することは鹿児島のリフォームネットまでどうぞ。

断熱性を高めるエコリフォーム

暑い夏がやってきました。節電を強いられている今ですが、エアコンなしではいられないというお宅も多いはず。
逆に冬は暖房をつけているのになかなか暖まらないなど戸建ての場合はその温度差はさまざま。
特に古い戸建て住宅は、蒸し暑い夏を乗り切るための工夫として日を除け、風通しを重視して作られていました。だから特に冬は寒く感じられるのでしょう。

鹿児島のリフォームは鹿児島リフォームネット

高断熱が普及されたのは近年のことで、最近は省エネを促進する法律もできて一気に断熱の技術も進歩しその採用が一般化してきました。
マンションに比べ、戸建ては寒いと言われていたものも今ではそのようなことはありません。

断熱とは一方の熱を他方に伝わりにくくすることです。屋根や外壁など外気に接する部分に断熱材を施し、外の寒さを室内に伝えず、室内の熱を外に逃さないようにするので暖房器具の使用軽減につながるのです。

エコリフォームによる「CO2の排出量削減」
このエコに繋がるリフォームに対して住宅エコポイントをはじめ様々な制度があります。窓からの熱の出入りが一番多いこと、取り入れやすいことから窓の断熱化の需要が増えています。西日がきつい、2階が極端に暑いという場合、窓や壁に断熱改修を行うと快適に過ごしやすくなることでしょう。ここ数年は屋根、床、壁の断熱改修が多くなりました。

断熱リフォームをすると部屋と廊下、床と天井付近の温度差が小さくなります。そのため冷暖房を必要とする期間が短くなる上に冷暖房が以前より効果的になることを実感いただけます。更には高熱費も安くなって家計にも役立ちます。
リフォームと合わせて最新の省エネエアコンの設置をされることをお勧めします。効果が高い上に電気代も今までより安くすむはずです。

エコリフォーム、鹿児島の蒸し暑い夏を快適に過ごすためにもエコリフォームのこと考えてみませんか?

リフォームローンについて

今日はリフォームで使えるローンについてご紹介します。
新築でなくてもリフォームでも融資を受けることができます。銀行で「リフォームローン」という商品パンフレットを見にしたことがあると思います。多くの銀行や信販会社が商品を出しているのでご自身にあわせた最適なローンを選ぶことが大切です。
リフォームローンは融資額が最大1000万円程度の無担保ローンです。審査は比較的シンプルでスピーディーに結果がでます。住宅ローンと比べると金利が高めで返済期間は10年程。

もうひとつ、大規模なリフォームになると費用もその分かかりますが、この場合は「住宅ローン」を選びます。融資額は最大5000万円ほどで返済期間も長期で設定できます。ただし、新築と同様に建物に抵当権が設定されます。

リフォームの規模にあわせて条件のいい商品を選びます。

このサイトでもよくご紹介している例ですが、中古住宅を購入してリフォームする場合、中古住宅購入時の住宅ローンと一緒にリフォーム費用も借りることが出来ます。
この場合、住宅取得後すぐにリフォームする必要がありますがそれぞれにローンを借りるより、まとめて入居前にリフォームの計画をたてたほうがいいですね。

鹿児島でリフォームされる場合、鹿児島リフォームネットではお客様のライフスタイルにあわせた最適なリフォームローンをご提案致しますので必要な方はお気軽にご相談ください。

スケルトンリフォームのメリット

壁や設備を全て撤去し、柱や梁などの構造体(スケルトン)だけの状態にしてゼロから作り直すのがをスケルトンリフォームです。

スケルトンリフォームの大きなメリットは、古い家や中古マンションでも新築同様に、自由度が高くリフォームすることができることです。
子供が独立して小さく仕切られた部屋の壁を取り払い広いリビングに変更したり空間を自由自在に作り直すことができます。
また、老朽化した配線や配管までも一新できるので漏水・断線のリスク軽減にもなるなど、見えない部分までしっかりリフォームできるというのもスケルトンリフォームの良いところです。
一度スケルトン状態にすることで構造体の状態を確認することができます。必要に応じて補修できるのでこのタイミングで補修すれば将来的にも安心。
これを機に、省エネ対策として断熱材を入れたり、配管の位置を変えたりと、部分的なリフォームでは難しいこともスケルトンリフォームなら思いどおり、理想のリフォームが行えます。

スケルトンリフォームのメリット

      ライフスタイルの変更にあわせて間取りが一新できる
      設備を一新して住宅性能をアップ
      断熱性の向上=冷暖房の効率アップ
      古くなった配管や配線を新しくして断線・漏水の心配を軽減
      段差の解消(いったん床も剥がすことで床の段差をなくすことができます)

スケルトンリフォームのデメリットについても補足しておきます。
スケルトンリフォームはおおがかりな工事です。工事の間、家のものを全て外へ移動し他へ引っ越す必要があります。
全体的な工事のため、費用もかかる上に仮住まい用の家賃が必要です。
また、マンションの場合は近隣への騒音が大きく苦情が発生することもあるので、私たちは近隣の方へ充分な工事期間となるべく少ない騒音で済むように配慮致します。

また、メリット部分でお話した内容はそれぞれの建物の状況によりリフォーム出来ない箇所もある場合をご承知ください。まずは建物をプロの目で充分に検証させて頂き、どのような工事が最適なのかをご提案いたします。
鹿児島でスケルトンリフォームをお考えの方は是非、鹿児島リフォームネットまでご連絡ください。

バリアフリーリフォーム

昔、実家の古い家に住んでいたとき、とにかくよくつま先を段差や角にぶつけていました(笑)
あれは私がおっちょこちょいだったせいか、家のせいなのかは追求しないことにしますが、年をとってくると住み慣れた家でも段差でつまづいたり転倒する可能性が出てきます。(私の場合はきっとこの可能性が人より高いんでしょうか・・・)

築15年以上の住宅ではドアと床との間に2〜3センチの段差が出来ています。このわずかな段差につま先をとられて転倒するケースが多いそうです。
この回避策はスロープを取り付ける応急処置もありますが敷居を取り外して床を補修する方法と高いほうに合わあせて床を上げる方法です。

また、危険なのが浴室です。
脱衣所と浴室の床が10センチほど低いことがありますが、これは専用のすのこ床で洋室の床を上げます。
ユニットバスにすると段差の無いバリアフリーになっているので安心です。

普通に暮らしている床にも気をつけましょう。
フローリングやビニール床はすべりやすいので状況を見て畳やカーペットを引くことをお勧めします。

老人は小さなケガでも寝たきりになってしまったりというケースもありますのでできれば早めにバリアフリー対策をして安心で快適な生活が送れるようにしましょう。

リフォームでQOLを高める

QOL(Quolity of Life)・・・生活の質。
よく医療で使われている言葉ですがここでは単純に人生の内容の質や良好な人間界、幸福感を意味してお話したいと思います。

リフォームでご要望の多いのがやはり水回りであるキッチン。
例としてキッチンを美しく機能的にリフォームした時に起こるQOLの向上を挙げてみます。

  • 料理が楽しくなった
  • 子供がお手伝いしてくれるようになった
  • 夫婦で料理をした
  • 断然便利になった
  • 料理の腕があがり家族が喜んだ
  • 片付けがラクになった

・・・などなどうれしいことはもっとありますが、私たちの体を作る食べ物を料理する場所。食事はとても大切ですがこれには「愛」がこもっていることも大切です。愛情のこもった食事を食べるだけで幸福感が増します。食卓に笑顔が増えます。
古いキッチンだからおいしい料理が作れないという訳ではありませんが、キッチンをリフォームすることから始まる幸せがきっと待っています。

また、バスルームのリフォームはとても気持ちのいいものです。
年月とともにカビが生えやすくなったり掃除をしているつもりでも薄汚れてきたり昔のお風呂はタイル貼りで大変なのが冬です。脱衣所も寒く入浴の前後はとても快適とは言えません。急激な温度差は体にも良くありません。
今はユニットバスも種類が豊富な上に材質も高機能。
お風呂をリフォームすることで今までとは比べ物にならない快適なバスタイムが過ごせてリフレッシュまたはリラックスできます。

また、間取りが現在の家族構成に合っていないのも問題です。
家族のコミュニケーションが増えるのも快適なダイニングやリビングがあってこそ。子供部屋に閉じこもるような間取りではせっかくの楽しい家族との時間が台無しです。

今家族で起こっている問題はひょっとするとリフォームで解決することがあるかもしれません。まずは問題点をご相談ください。そこからより良い暮らしが開けることと思います。

使いやすい収納スペース

「収納」=「しまう場所」とは限りません。いかにものを使いやすくするか、効率よく家事ができるかということなども収納には大きく関わってきます。収納が無いから片付かないという理由で収納スペースの拡大をご希望される施主様もいらっしゃいますが、広くすればするだけものが増えたり、死蔵品になってしまったりというケースが多いです。よく見てみるとスペースの問題ではなく、収納の場所と実際に使う場所がかみ合っていなかったりということがあります。ただ、足りないスペースを増やすということでは思うように片付かないのです。

意外に収納スペースが少ないのがリビングルームです。ごちゃごちゃと毎日ものが入れ替わり、思うように片付きません。
使い勝手の悪い家具が置かれていたり、実際の用途に合わない収納だったり・・・。

鹿児島リフォームネットはお客様のライフスタイルをヒアリングして必要と思われる収納スペースを作ります。意外に増えてしまうのが本類。ごちゃごちゃしがちなのがテレビゲームやDVD等が置かれるテレビの周辺。また、食卓で使う調味料の瓶や小物も目に見えるとごちゃごちゃするのでできれば見えない収納に納めたいですね。それでいて使い勝手の良い収納。使い勝手の良い収納とは使う場所の近くにしまう場所があることです。
場合によっては壁面一体収納として壁一面を収納とテレビボードにして本や文具の小物、趣味の道具等が一式納まりリビングでも使いやすいものを提案します。大きな壁面収納は家具屋さんで購入するよりも部屋の大きさにあわせてオーダーした方が安い場合もあります。
収納に部屋のスペースを使っても、それが必要で適切であれば部屋は今より広く感じられるはずです。

片付けの負担が少なく快適な家にするためにも収納スペースの見直しは必要ですね。
まずは不要なものの撤去からですが、全体の物の量を把握して使う場所の確定、デッドスペースの洗い出しを行います。
なんだか片付かない、不便だという方はお気軽に鹿児島リフォームネットのまでお気軽にお問い合わせください。

壁を上手に使うリフォーム

私たち鹿児島のリフォームネットはリフォームをする際に壁の使い方にもこだわります。
壁一つとっても部屋のイメージを大きく変える存在です。
通常、日本の家は白い壁紙が無難とされていますが私たちは壁の存在を最大限に活かせるよう部屋をデザインします。
時には窓を見えなくしてしまうこともあります。その窓が本当に必要か、有効に使われているかを考えます。

部屋の1面だけにアクセントに柄物を入れる、あっと驚くような色の壁にする。お気に入りのフレームを飾る。
ヨーロッパで長期にわたりデザインの修行を積んだインテリアデザイナーが、実際に肌で感じ、習得した壁の在り方、飾り方をご提案します。
海外ではお気に入りの絵画や写真を飾り自己の表現の場として使われています。
日本はどの部屋も出来る限り窓にしてあったり、思っている以上に壁が少ないのが現状です。小さな壁面でも素敵なアクセントを配置するだけでお部屋の印象がグンと変わります。

また、日本では主流となっている壁紙をペイントにするだけで豊富な色が選べ、時として気分によって塗り直しすることも可能です。
私がイギリスに留学していたときもステイ先の親子が一緒に子供部屋の壁を塗り替えたりしていました。そのような風景が普通の生活の一部となっていました。
ペイントだからこそ実現できる色の微調整や親子の共同作業。壁画だって自由です。
リフォームを機にペイントに変えて自由にインテリアを楽しんでみませんか?配置するミラーや絵画、アクセント家具の販売も行っていますのでご興味のある方はお気軽に鹿児島リフォームネットへご相談ください。

リフォームに自然素材を使うメリット・デメリット

シックハウス症候群は合板や集成材、壁紙から発生する化合物に反応する症状です。
新築の住居等で起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があります。せっかく建てた家なのに体調不良となっては新築を喜ぶことさえ出来ません。

シックハウス症候群は現代になって生まれたもので、これらの問題を解消するためにホルムアルデヒドの測定及び対策が義務づけや建築基準法を改正が改正され、建築材料をホルムアルデヒドの発散速度によって区分し使用の制限、換気設備設置の義務付け、天井裏等の建材の制限、クロルピリホス(防蟻剤)使用建材の制限が義務化されましたが、反応の度合いは個人により異なるので敏感に反応する方には自然素材の床材や壁材をお勧めしています。見えるところだけでなく、壁や柱の見えない部分にも接着剤を使っていない無垢材がおすすめです。

自然素材の家は年を重ねるごとに味がでてきます。年月と共に感じられる柔らかみやあたたかさは新建材にはない特徴です。
また、人体に有害な科学物質をほとんど含まないので、自然素材の家は心と体に優しい健康に良い素材としてお勧めできます。
無垢材や珪藻土は調湿効果があり部屋の湿度をほどよく調整してくれるので快適です。

無垢材(フローリング)
無垢材のフローリングは調湿効果があるので裸足で歩くと暖かみを感じられるのでエアコンの使用が減り経済的なメリットも。少しのへこみや傷は表面を湿らせると元に戻り、表面を薄く削ることで補修も可能です。手入れするとぐんと長持ちします。しかしながら、長時間水分がついたままだとしみになりやすいのと、遮音効果があまりないためマンションではフローリングの下に遮音用の下地を敷く必要があります。そうすると新建材より割高になってしまいます。

珪藻土(壁)
化学物質を含まず調湿効果が高い。人が快適に感じる50%〜60%に保つという優れた素材です。静電気を発生しないので誇りを寄せ付けず掃除が楽です。においの吸着や防虫効果もあります。また傷補修をしやすいのも大きなメリットです。デメリットは表面が少しもろく一般的な壁紙と比べるとコストが高いというとことです。

一般的に「自然素材は高い」と言われていますが、それらの持つ特徴を考えた上で判断してください。手入れによっては新建材よりも丈夫で長持ちするので長い目でみることも必要です。

キッチンリフォーム 鹿児島

鹿児島でリフォームを行っている当社にご要望が多いものの一つにキッチンがあります。
水回りはどうしても老朽化してきますし、ガスまわりも含め最新の素材になることで今までよりもお掃除が楽になります。
鹿児島リフォームネットがキッチンのリフォームで重視するのは短い導線、使い勝手。そして隠す収納。
大きなキッチンを好まれる方もいらっしゃいますが実は狭いほうが便利なんです。
実際に料理が得意と言われているフランス人の家庭のキッチンはとってもコンパクトというのも納得?

使いたいものがすぐ手に届く距離感が大切です。忙しい主婦にとって料理は手際よく行いたいものです。
無駄な動きがないように導線を考えた間取りを考え、片付けが楽になるような収納スペースの設置をご提案します。
鍋を火にかけながらささっと冷蔵庫のものがとれる、ごみをパッと捨てられる。
特にシンクからゴミ箱まで遠いと汚れがちですがすぐ近くにあることで無駄な動きも防げます。

狭いキッチンでも優れた収納があればきちんと片付きます。
よく使うものと時々使うものの収納場所をわけて片付けのストレスをなくしましょう。
奥行きの深い収納は引き出しにして中を一目で見渡せるようにすると、出し入れも便利ですし食品のストックの賞味期限切れを防げます。
また、よく使う調味料等はコンロの近くに省スペースを作り、ごちゃごちゃしがちな雑貨棚は扉をつけて隠す収納にします。
炊飯器やトースター等はダイニングテーブルの近くに置くようにするととても便利。
魅せるところ、隠すところとメリハリを持たせることで使い勝手だけでなくインテリア性の高いキッチンになり、急な来客にも慌てることがありません。

ただ単にリフォームするだけでなく、女性目線だからこそできるオーナー様の導線を解析・改善してより快適なキッチンを実現します。

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

鹿児島リフォームネット
〒890-0067 鹿児島市真砂本町23-11 Y'sBLD・Ⅳ 1F
TEL.0120-812-818

鹿児島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


鹿児島で住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっています。鹿児島のリフォームはお任せ下さい。
他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを鹿児島の皆さまに安心低価格でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。
各種リフォームやリノベーション(再生)、新装、新築注文住宅を鹿児島で専門とするリフォーム会社です。

© 鹿児島 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.