鹿児島 リフォーム
フリーダイヤル0120-880-130 ネット受付24時間365日 ■サイトマップ

2016年12月の投稿一覧

鹿児島のリフォーム ロフトのある家

収納や趣味のスペースとしていろいろな活用ができるロフト。
ロフトは屋根裏部屋のことをいいます。
ロフトの主な使い方としては、物置きにすることが多いですが、賃貸マンションや賃貸住宅では寝室として使われることもあります。

部屋をより広く使えるのが一番のメリットですが、デメリットはやはり費用がかかってしまいます。お住まいをリフォームするときにロフトを作りたいというこだわりがあるかたは費用面も考慮しておきましょう。
ロフトは「屋根裏部屋」ですが、屋根が近いので夏は暑くなりやすいという点もデメリットの一つでしょう。

2階建ての戸建て住宅の2階の部屋にロフトを設ける場合、3階建てになるのでしょうか?というご質問を以前されたことがありました。
日本の建築基準法では、1.4メートル以下のロフトだと階数にいれなくてもいいことになっています。2階建ての家にロフトが1階として計算されると3階建てになるため法規制や税金にも関わってきます。

ロフトが1.4メートルの高さといっても常に1.4メートルの高さが取れるとは限りません。屋根の形によってはロフトの高さが1メートルしかとれない、ということもあります。
天井が低くなると大人だと移動するのも大変ですし、ロフト内の天井で頭を打つなんてこともあり得ます。
ロフトを作る場合は天井の高さがどのくらいになるのかも要チェックです。

部屋のロフトといえば、はしごで上がるイメージが強いのですが、はしごだと物置きとして活用すれ物の出し入れや昇り降りにも注意が必要だったりとストレスになることもあります。せっかく収納スペースとして作ったロフトも物の出し入れが面倒になりほとんど使わなくなってしまったというロフトも多いようです。
できれば階段であがるロフトにするの良いでしょう。

収納スペースとしてだけでなく、子供の遊ぶスペースや寝室として使いたいという人もいると思います。物置きとしてでなく多目的な使い方をする場合は、人があつまるリビングに作った方が効果的に使えます。
2階の部屋や個室などにロフトをつくる場合は、物置きとして使用するほうが無難です。

リビングに作ったロフトは個室に作ったロフトより有効活用されやすく、リビングとロフトがつながっていると部屋が広く見えて開放感も出ます。さらにロフトからリビングの眺めが良ければロフトを使うことも多くなります。

単純な屋根裏に階段で上がっていくロフトをつくる費用は、普通に部屋をつくる場合と殆ど変わりません。
土地が小さい、家がこれ以上大きくできないといった場合は、ロフトも有効的に使用できると思います。もしロフトを作りたい、リフォームしたいとお考えの方は実用性も考えたロフトにしましょう。

鹿児島リフォームネットでは、お客様のご要望やこだわりをしっかりと伺ってご提案致します。ご相談・お見積りは無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

鹿児島のリフォーム トイレの寿命はいつまで?

鹿児島の皆様、こんにちは。
今回は、戸建て住宅の水廻りのリフォームでトイレ(便器)はどのくらいもつものなのか?トイレの寿命はいつまでか?というご相談がありましたので、トイレのリフォーム時期についてご紹介します。

トイレは普段の生活に必要不可欠ですが、「トイレ」というキーワードで思い浮かべるものが多い「便器」はとても頑丈です。便器は陶器で作られているため、よほどの衝撃で割れたりかけたりしない限り使い続けることができます。
住宅のリフォームでは、定期的なメンテナンスが必要される場所も多いですが、便器そのものが破損していなければ長く使い続けることが可能ですが、破損しているところがあればすぐにリフォームする必要があります。
便器は、長く使用していれば汚れや経年による変色などが目立つようになりいくらキレイに掃除をしてもおちないこともあります。毎日トイレ掃除をしていても臭いが気になる、そうなったときは便器を交換する目安と考えてもよいでしょう。
トイレのタンクについても便器と同様陶器でできているので破損がなければ長く使い続けられます。

便器、タンクは破損がない限り長く使えますが、便座、パッキン、パイプやジョイント部分、タンク内の部品等、消耗品は交換が必要です。

便座は長く使っているとヒビが入ることがあります。プラスチックでできているため、劣化している部分に力を加えると割れてしまいます。
便座だけの交換は、ホームセンターなどでも購入してお客様で交換される方もいらっしゃいますが、ウォシュレットの場合は自分で交換する方もいますが、電化製品になりますので、専門の業者に依頼される方もいらっしゃいます。

トイレのタンク内のトラブルではパッキンの寿命よる水漏れが原因で便器と床の間に水が漏れている、という事例があります。
この場合、トイレのタンクと便器をつないでいる配管からの水漏れということが多いのですが、便器をつたって便器の下の部分が水漏れしているような状態になるので、そのまま使用していると床が傷む原因になりますので早めに対応する必要があります。

このようにトイレの寿命はいつまで?トイレのリフォーム時期はいつ?とお悩みの方は、消耗品の交換をするタイミングで、検討するのはいかがでしょうか。

トイレのリフォームは、便器やトイレタンクだけでなく、壁のクロスの張り替え、床、ドアなども同時に工事すれば費用も抑えられる場合があります。
また最新のトイレは節水タイプのトイレもあり、水量を節約できるため、トイレリフォームを検討中の方はぜひご相談ください。
鹿児島リフォームネットは費用やお客様のご要望、さまざまなケースを考慮して最適なご提案を致します。

鹿児島の賃貸物件の競合を出し抜く秘密

賃貸アパート・マンションの経営において、いかに空室率を抑えるか大きな課題ですが、物件によっては何ヶ月も空室のままの部屋もあるかと思います。
退居者が出てから、次の入居者が決まるまでの期間もできる短縮することも重要です。

建物の老朽化によって競争力が衰えた部屋を現代にマッチした「住みたい」と思われる部屋にリフォーム、リノベーションして建物の価値をあげることもひとつの空室対策です。

デザイン性が高い部屋と原状回復またはリフォームしたばかりの部屋、皆様はどちらの部屋に住みたいですか?

人気が高いのはデザイン物件です。多少家賃が高くてもデザイン物件に住みたいという人も多く競合物件を出し抜くポイントになります。

原状回復またはリフォームしたばかりの部屋は清潔感もありますが、競争が激化し結果的にはなかなか入居者が決まらない、ということにもなってしまいます。

内装がデザイン性もなく平凡な部屋だと同じような物件が多く「少しでも家賃が安いほうが良い」、「少しでもバス停や電停・駅に近いほうが良い」となってしまい、結果的に同じような物件は家賃で比較されてしまうという結果になってしまうのです。

鹿児島でのアパート・マンションのオーナー様、部屋のリフォームをされる際は、競合の少ないデザイン物件に変更されるのをご検討してはいかがですか?デザイン物件で差別化を図り、空室対策をするのもおすすめ致します。
鹿児島リフォームネットでは、デザイン性の高いリフォームを得意としています。ご相談・お問合せはぜひ当社までご連絡ください!

鹿児島のお風呂リフォーム

早いもので12月!今年も1ヶ月をきりました。南国・鹿児島も朝晩は気温も下がり寒くなりましたね。
寒い日はポカポカのお風呂につかって身体の芯から温まりたいです。
今回は、気持ちをリラックスする、くつろげる浴室空間のためのお風呂リフォームについてのご案内です。

最近の浴室はユニットバスが多くなってきましたが、少し前の戸建て住宅、マンションだと在来工法のタイル張りの浴室もまだまだあります。タイル張りの浴槽は冬は寒いので、ゆっくり湯船につかれないという方も多いのではないでしょうか。
在来工法の浴室は、タイルなので滑りやすいという危険性もあります。

築年数が経つとタイルのひび割れ、結露などで浴室が傷んできます。
新しい家の浴室は、ほとんどがユニットバスで防水性・断熱性・保湿性に優れたものが増えてきており、快適な浴室になっています。

浴室のリフォームは、経年劣化による補修や快適な空間にするためのリフォームなど様々な理由がありますが、実は浴室は家の中でも事故の多い場所で、小さな子供さんや高齢者の方には安全性のためのリフォームを行う場合があります。
例えば、段差をなくす、床材をクッション性の高いものにかえる、手すりをつけたり、簡単な操作の給湯装置にかえるなどがあります。
寒さ対策としては、窓を2重窓にリフォームする、保温性の高い浴槽にする、床暖房を取り入れるなど、ご予算に応じてリフォームが可能です。
保温性が高い浴槽で追い炊きが必要なくなり節水できたり、お年寄りのいる家庭では、浴室での万一の転倒の際も クッション性に優れた床だと軽減につながることもあります。

鹿児島の皆さま、浴室のリフォームをご検討中の方は鹿児島リフォームネットまでお気軽にご相談ください。

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

鹿児島リフォームネット
〒890-0067 鹿児島市真砂本町23-11 Y'sBLD・Ⅳ 1F
TEL.0120-812-818

鹿児島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


鹿児島で住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっています。鹿児島のリフォームはお任せ下さい。
他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを鹿児島の皆さまに安心低価格でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。
各種リフォームやリノベーション(再生)、新装、新築注文住宅を鹿児島で専門とするリフォーム会社です。

© 鹿児島 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.