鹿児島 リフォーム
フリーダイヤル0120-880-130 ネット受付24時間365日 ■サイトマップ

2016年3月の投稿一覧

鹿児島 リフォームで予算オーバーしたときの対処法

リフォームの見積りをとってみたら思ったよりも予算オーバーしてしまった!というケースは意外と多いようです。
せっかくリフォームするのだから、少しでも希望通りにリフォームしたいと思うのは仕方がないことだと思います。オーバーした費用が許容範囲であればいいのですが、予算を増やすこともできないという場合、どうすればいいのかというご相談をいただくことがあります。

予算よりも高くなってしまう多くのケースは、リフォームしたいことが増えてしまった、想定外の工事が必要となってしまった等があげられます。

せっかく新しくなるのだから、キッチンやトイレなど設備のデザインにあわせて壁紙や床もきれいにしたい、ショールームで実物を見ていたらワンランク上の設備がほしくなったというような要望が増えてくると予算オーバーする可能性も出てきます。
予算オーバーしてしまったら、リフォームでやりたいことに優先順位をつける、資材・設備のグレードダウン、工事範囲を狭くするなどの方法があります。
床の張替え、壁紙などの資材、キッチンや浴室などの設備のグレードダウンでコスト減につながりますが、後々後悔しないように実物を見て判断されることをおすすめします。

また、リフォームする場所の優先順位は明らかにしておくと、再度見積りをとるときにスムーズになります。
例えば、機能やデザインが同じような設備であっても商品によってはコストが下げられたり、プラン変更で工事が簡略化されたりすることがあります。
それでも予算オーバーという場合には、優先順位が高い順にリフォームし、優先順位の低い部分は改めてリフォームすることもひとつの方法です。

想定外の工事が必要になってしまったケースとしては、洗面台やシステムキッチンを新しいものに交換するだけの予定が、給排水管が劣化していたため工事が必要になったというケース。
普段目にする場所でないため、リフォームがきっかけ想定外の工事が発生してしまうこともありますので、そういったことも考慮して予算計画を立てておくといいでしょう。

リフォームの目的は、老朽化、家族構成の変化、物件購入など様々です。
外壁の亀裂、設備の故障など直すリフォーム、収納スペースが作りたい、リビングを広くしたいといった見直すリフォーム、こだわりのデザイン・インテリアにしたいといった加えるリフォームなど、工事する内容も大切ですが、リフォームする目的もご相談していただけると費用が抑えられることもあります。

鹿児島リフォームネットでは、お客様にご満足いただけるリフォームをご提案しております。お見積りは無料ですので是非ご相談ください。

鹿児島 リフォームとリノベーション

リフォームを検討しているとリノベーションという言葉を耳にする方も多いのではないでしょうか。
リフォームとリノベーション、何がどのように違うのかご説明します。

リフォームとは、改装や改築のことで、一般的に古くなった設備や内装を新しく作り変えたり、間取りを変更することを指しています。壁紙の張り替えや設備の取り換えなどちょっとした改装から外壁・外装の塗り直しから大掛かりな改築・増築などもリフォームと言われています。

リノベーションは、既存の建物のよさをいかしながら大規模な改修を行うことで、電気・ガスの配管なども全面的に改修して新築の状態よりも性能を向上させたり、デザインや間取りに変更を加えることで新たな付加価値を生み出し、資産価値を高めたりすることで使われています。
リノベーションのメリットは、新築を建てるよりもコストを抑えられたり、自由に設計できるといったことがあげられます。自分のニーズに応じて自由に表現することができ、建売住宅やマンションのような無難な内装ではなく自分だけのライフスタイルを演出することが可能です。

ただし、築年数が長い中古住宅やマンションを購入してリノベーションする場合には注意点があります。それは建築基準法の改正により、当時と現在では基準が引き上げられたリ、耐震基準を満たさなくなってしまっている場合があるからです。そうなると耐震改修が必要となり、別途費用がかかってしまうこともあります。
中古住宅を購入してリノベーションする場合は、引き渡しまでに建物検査、設計、施工などの作業を要するため、住むまでの時間も必要になります。理想の住まいにするためには、じっくりと打ち合わせをすることも重要です。
また、リノベーションの費用にローンを利用する場合、一般の住宅ローンが利用できないため、住宅ローンとリフォームローンを利用する必要があります。金利も一般の住宅ローンよりリフォームローンの方が高い傾向があるため、資金計画もきちんと立てておくことが大切です。

リフォーム、リノベーションをご検討中の方は、弊社鹿児島リフォームネットまでご相談ください。

鹿児島の店舗リフォームにまつわるポイント

初めてお店を開業したり店舗のリフォームを検討されるとき、一番予想がつかないのが工事にかかる費用だという方も多いのではないでしょうか。
店舗の内装工事は、既設の状態やお店の業種や業態により異なるため一概にはいえません。
また、店舗の内装工事といっても、解体・撤去工事から電気・ガスなどの設備工事など様々な費用がかかってきます。
まずは現状を把握し、早い段階で専門家に相談することをお勧めします。

今回は、店舗リフォームをする場合のポイントをご説明します。
物件の状態によりますが、既設のものを使用するまたは使用できるか、テナントの条件なども考慮して、解体・撤去が必要か等現状を確認します。
こだわりのデザインを取り入れることも商売成功の大切なポイントですが、機能面も考えたリフォームも重要事項です。

◆解体・撤去工事
物件にもよりますが、スケルトンの状態だと解体・撤去工事はあまりありませんが、居抜き物件だと既存のものを使用するか、または使用できない場合は解体・撤去工事が必要です。天井、床、壁など、どこをどの程度解体または撤去が必要かにより費用は大きくかわってきます。
予算を少しでも抑えたい場合、極力解体・撤去工事が必要のない物件を選ぶとよいでしょう。

◆外装工事(ファサード工事)
仕上げ材料、サッシュにより左右されますが、基本的に外装工事にかかる費用は面積に比例します。
お店の顔ともいえる外装は、集客につなげるための重要な部分です。入店しやすいか、お客様に気付いてもらえるか等さまざまな視点から考えることも大切です。また同業種で流行っている店舗のリサーチも重要ポイントです。

◆内装工事・設備工事
デザインや仕上げ材料により大きく左右される内装工事ですが、業態によっては、電気・ガスなどの容量を追加する工事が必要になることもあります。そうなれば、もちろんその分の費用がかかります。
テナント物件を選ぶときは、電気やガスの設備も確認しておきましょう。居抜き物件をリフォームする場合は、前のテナントの業態により、そのまま使用できるという判断はできます。

弊社鹿児島リフォームネットでは、店舗改装の実績も多くお客さまからも信頼をいただいております。
お見積りは無料です。店舗リフォームをご検討中の方はお気軽にお問合せください。

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

鹿児島リフォームネット
〒890-0067 鹿児島市真砂本町23-11 Y'sBLD・Ⅳ 1F
TEL.0120-812-818

鹿児島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


鹿児島で住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっています。鹿児島のリフォームはお任せ下さい。
他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを鹿児島の皆さまに安心低価格でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。
各種リフォームやリノベーション(再生)、新装、新築注文住宅を鹿児島で専門とするリフォーム会社です。

© 鹿児島 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.