鹿児島 リフォーム
フリーダイヤル0120-880-130 ネット受付24時間365日 ■サイトマップ

2013年1月の投稿一覧

鹿児島 リフォームか建て替え、どちらが得か?

鹿児島市内にある築年数30年ほどの建物を大々的にリフォームするのと新築を建てたほうがいいか、リフォームするのとどちらが得なのかというご相談がありました。
まず、言えることはそれぞれにメリット・デメリットがあり、単純に建築年月や新耐震基準の適用の有無だけで判断できないということです。

建物の状態・敷地の状況・ライフスタイル・コスト面など、判断の目安となるポイントはたくさんあります。
構造体、建造材が良い状態だと基礎・土台や梁・柱などそのまま使えることが多いのでリフォームしたほうがコスト面では有利です。もし劣化が進んでいる場合は補修費用がかかり、建て替えるのと同じコストになったりオーバーすることもあります。

リフォームのメリットは、工事中でもそのまま暮らし続けることができたり、仮住まいが必要だとしても期間が短くて済む場合があります。住み慣れた家がそのまま残るのもリフォームのいいところですね。
家に構造上の問題がある場合、必要な補強工事が多かったり、耐力壁が足りないなど大規模な工事になることもありますので、リフォームか建て替えかで迷ったら調査するようにしてください。

建て替えするなら、間取りや家の性能など一からプランを立てることができるので自由度が高くなります。耐震性や断熱性を高めたいということであれば新築のほうがいいでしょう。現在の基準に合った耐震性能がある家を建てることができます。
ただし、法律の改正により建て替えが制限されることがあります。建築基準法上の道路に接していない土地に建っている場合などは建て替えできません。また建ぺい率・容積率の関係で現在より小さな家しか建てられないこともあります。
リフォーム、建て替えのどちらにしても家のメンテナンスをしながら暮らしていくことは大切です。

鹿児島の皆さま、鹿児島リフォームネットは無料でお見積りいたします。鹿児島でリフォームか建て替えか迷っているかたは当社、鹿児島リフォームネットまでご相談ください。

鹿児島 リフォーム 建て替え

鹿児島 リフォーム壁面をいかした収納リフォーム

壁面に収納スペースを作るリフォームは、部屋が狭くなると思いがち。確かに収納スペースを設けることでその分、狭くなってします。ですが、収納するスペースがなければ部屋にモノや収納棚などの家具類を置くことになってしまいます。
棚の高さや奥行きが違う家具が並んでいると、見た目の美しさや利便性にも影響します。そしてモノが溢れた雑多な狭い部屋になってしまうことも。

リフォームをするときに、壁面収納という備え付けのオリジナル家具をつくることも可能です。壁厚を利用した埋め込みタイプの収納棚や和室の押入れ部分をたっぷり収納できる機能的な収納棚にリフォームしたり、デッドスペースがいっぱいでスッキリしなかった空間も隙間なくピッタリ収めることができ、デザイン性と機能性を兼ね備えた収納スペースが完成します。

家族みんなが過ごすリビングは、子どもの勉強や遊び、家庭内での作業などさまざまな使い方がされています。そしてそれにまつわるモノが納まることなく置かれてしまいます。リフォームではそういったことも考えて適量な収納スペースを作るようにしてください。

リフォームで収納空間を作るときに気をつけたいのが奥行きです。収納するタイプも物入れ型・小部屋型・飾り棚などいろいろなタイプがあります。部屋が片付かないのは、収納する量も大切ですが、使うもの・しまうものをうまく分類して適切な収納を作るようにしましょう。

鹿児島 リフォーム 壁面収納

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

鹿児島リフォームネット
〒890-0067 鹿児島市真砂本町23-11 Y'sBLD・Ⅳ 1F
TEL.0120-812-818

鹿児島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


鹿児島で住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっています。鹿児島のリフォームはお任せ下さい。
他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを鹿児島の皆さまに安心低価格でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。
各種リフォームやリノベーション(再生)、新装、新築注文住宅を鹿児島で専門とするリフォーム会社です。

© 鹿児島 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.