鹿児島 リフォーム:外装

家の外装は、外壁の材質や色あいで、イメージを大きく左右します。
雨風にさらされた外壁や屋根は、築年数によって塗装のはがれ、ヒビ、黒ズミ、雨筋が入り劣化し美観が損なわれます。
とくに鹿児島は桜島の降灰で外装が汚れてしまいますね…

外壁は美観を保持するだけでなく、屋根や外装の塗装の経年劣化により、耐震、耐風、防音性が低くなり、さらには断熱性が悪くなれば冷暖房効果も低くなるため、地球環境にも厳しく光熱費もかさみます。リフォームをしないと、最終的には建物の耐久性も損なってしまいます。

家のリフォームは、室内の間取りや壁紙を変えたりキッチン、トイレ、浴室などの水回り部分のリフォームだけでなく、外壁のリフォームも必要です。
外壁が劣化したままリフォームをせず放置していると、外壁が水分を吸収し、外壁の変形や寒い時期には凍結の原因になってしまいます。
外壁の一部にひどい損傷があってメンテナンスしていない場合、ほかの部分までいたんでしまったという事例も少なくありません。

外壁をリフォームするタイミングがわからない、という方は外壁を手で触れてみてください。
外壁材の粉や塗装が手につけば外壁のリフォームをするサインです。
手で触れるだけでなく、着ている服が外壁に触れて白くなっていた、という場合も劣化が進行している証拠ですので、外壁のリフォームをして家の寿命を延ばしましょう。

外壁リフォームの費用は種類によってさまざまです。まずは鹿児島のリフォームネットまでお気軽にご相談ください。

 

鹿児島 外装リフォーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました