鹿児島 リフォーム壁面をいかした収納リフォーム

壁面に収納スペースを作るリフォームは、部屋が狭くなると思いがち。確かに収納スペースを設けることでその分、狭くなってします。ですが、収納するスペースがなければ部屋にモノや収納棚などの家具類を置くことになってしまいます。
棚の高さや奥行きが違う家具が並んでいると、見た目の美しさや利便性にも影響します。そしてモノが溢れた雑多な狭い部屋になってしまうことも。

リフォームをするときに、壁面収納という備え付けのオリジナル家具をつくることも可能です。壁厚を利用した埋め込みタイプの収納棚や和室の押入れ部分をたっぷり収納できる機能的な収納棚にリフォームしたり、デッドスペースがいっぱいでスッキリしなかった空間も隙間なくピッタリ収めることができ、デザイン性と機能性を兼ね備えた収納スペースが完成します。

家族みんなが過ごすリビングは、子どもの勉強や遊び、家庭内での作業などさまざまな使い方がされています。そしてそれにまつわるモノが納まることなく置かれてしまいます。リフォームではそういったことも考えて適量な収納スペースを作るようにしてください。

リフォームで収納空間を作るときに気をつけたいのが奥行きです。収納するタイプも物入れ型・小部屋型・飾り棚などいろいろなタイプがあります。部屋が片付かないのは、収納する量も大切ですが、使うもの・しまうものをうまく分類して適切な収納を作るようにしましょう。

鹿児島 リフォーム 壁面収納

コメント

タイトルとURLをコピーしました