鹿児島 リフォームか建て替え、どちらが得か?

鹿児島市内にある築年数30年ほどの建物を大々的にリフォームするのと新築を建てたほうがいいか、リフォームするのとどちらが得なのかというご相談がありました。
まず、言えることはそれぞれにメリット・デメリットがあり、単純に建築年月や新耐震基準の適用の有無だけで判断できないということです。

建物の状態・敷地の状況・ライフスタイル・コスト面など、判断の目安となるポイントはたくさんあります。
構造体、建造材が良い状態だと基礎・土台や梁・柱などそのまま使えることが多いのでリフォームしたほうがコスト面では有利です。もし劣化が進んでいる場合は補修費用がかかり、建て替えるのと同じコストになったりオーバーすることもあります。

リフォームのメリットは、工事中でもそのまま暮らし続けることができたり、仮住まいが必要だとしても期間が短くて済む場合があります。住み慣れた家がそのまま残るのもリフォームのいいところですね。
家に構造上の問題がある場合、必要な補強工事が多かったり、耐力壁が足りないなど大規模な工事になることもありますので、リフォームか建て替えかで迷ったら調査するようにしてください。

建て替えするなら、間取りや家の性能など一からプランを立てることができるので自由度が高くなります。耐震性や断熱性を高めたいということであれば新築のほうがいいでしょう。現在の基準に合った耐震性能がある家を建てることができます。
ただし、法律の改正により建て替えが制限されることがあります。建築基準法上の道路に接していない土地に建っている場合などは建て替えできません。また建ぺい率・容積率の関係で現在より小さな家しか建てられないこともあります。
リフォーム、建て替えのどちらにしても家のメンテナンスをしながら暮らしていくことは大切です。

鹿児島の皆さま、鹿児島リフォームネットは無料でお見積りいたします。鹿児島でリフォームか建て替えか迷っているかたは当社、鹿児島リフォームネットまでご相談ください。

鹿児島 リフォーム 建て替え

コメント

タイトルとURLをコピーしました