鹿児島の賃貸物件の競合を出し抜く秘密

賃貸アパート・マンションの経営において、いかに空室率を抑えるか大きな課題ですが、物件によっては何ヶ月も空室のままの部屋もあるかと思います。
退居者が出てから、次の入居者が決まるまでの期間もできる短縮することも重要です。

建物の老朽化によって競争力が衰えた部屋を現代にマッチした「住みたい」と思われる部屋にリフォーム、リノベーションして建物の価値をあげることもひとつの空室対策です。

デザイン性が高い部屋と原状回復またはリフォームしたばかりの部屋、皆様はどちらの部屋に住みたいですか?

人気が高いのはデザイン物件です。多少家賃が高くてもデザイン物件に住みたいという人も多く競合物件を出し抜くポイントになります。

原状回復またはリフォームしたばかりの部屋は清潔感もありますが、競争が激化し結果的にはなかなか入居者が決まらない、ということにもなってしまいます。

内装がデザイン性もなく平凡な部屋だと同じような物件が多く「少しでも家賃が安いほうが良い」、「少しでもバス停や電停・駅に近いほうが良い」となってしまい、結果的に同じような物件は家賃で比較されてしまうという結果になってしまうのです。

鹿児島でのアパート・マンションのオーナー様、部屋のリフォームをされる際は、競合の少ないデザイン物件に変更されるのをご検討してはいかがですか?デザイン物件で差別化を図り、空室対策をするのもおすすめ致します。
鹿児島リフォームネットでは、デザイン性の高いリフォームを得意としています。ご相談・お問合せはぜひ当社までご連絡ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました