鹿児島 リフォーム
フリーダイヤル0120-880-130 ネット受付24時間365日 ■サイトマップ

鹿児島の耐震リフォーム 木造住宅編

外観の美しさをキープするリフォームや暮らしやすさにこだわったリフォーム、水回りのリフォーム、防水工事や耐震リフォームなど様々な種類のリフォームがあります。
今回は、木造空住宅の基本的な耐震構造について書いていきます。

家にかかる力は上から下に流れていきますが、家自体のおもさ、家具や人の重さ、屋根に積もった雪の重さなどの重力と、強風、台風、地震など横方向の水平力に耐えられる構造でなくてはなりません。

重力と水平力は柱や梁を介し上から下へと流れていきます。
例えば2階建ての戸建て住宅で、1階と2階の柱の位置を見てみます。もしずれている箇所が多いという場合には重さに梁が耐えられるような大きさになっているかが問題で、理想は上と下の主な柱や梁が規則正しく格子状に並んでいることです。

横方向の水平力は、台風などの強風や地震などの揺れで骨組みが変形してしまうことがあります。骨組みだけでは不十分なので、耐震壁の強さが重要です。

耐震壁の強さやバランスが悪いと、横方向の力が働いたときに倒壊してしまう恐れがあります。
木造住宅の耐震性をみるときの一番カンタンな方法です。

耐震壁は量が不足している場合でも強さに影響しますが、量が足りていてしっかりと止め付けされていても地震などの横方向の力によってねじれてしまい、建物が破壊されてしまうことがあります。
建物には重心と剛心、2つの中心があるため、お互いの力によりねじれが生じてしまいます。
バランスよくきちんと配置されていれば、重心と剛心、2つの中心は建物平面の中心付近あります。2つの位置が離れれば離れるほど、ねじれが大きくなり、建物へのダメージも大きくなってしまいます。

戸建て住宅では、日当たりや明るさを重視することも多いため、南面に大きな窓があり壁の部分が不足します。逆に北面は間仕切りも多く、南面に比べる窓が少ないため、壁が設けられます。
これが耐震壁のバランスを悪くすることにもつながってしまうのです。

鹿児島で木造住宅のリフォームや購入をご検討されている方は、南面に壁を追加したりより強い壁に変えるなどの対策をお勧め致します。

鹿児島の皆さま、戸建て住宅の耐震リフォームをお考えの方はお気軽に鹿児島リフォームネットまでお問合せください。

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

鹿児島リフォームネット
〒892-0837 鹿児島県鹿児島市甲突町21-5
TEL.0120-880-130FAX.099-208-7766

鹿児島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


鹿児島で住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっています。鹿児島のリフォームはお任せ下さい。
他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを鹿児島の皆さまに安心低価格でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。
各種リフォームやリノベーション(再生)、新装、新築注文住宅を鹿児島で専門とするリフォーム会社です。

© 鹿児島 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.