鹿児島の住宅 生活の変化による和室リフォーム

鹿児島でも、「和室離れ」という言葉も耳にしますが、和室だった部屋を洋室にリフォームする人が増えてきています。
鹿児島リフォームネットへも和室から洋室に変えたいというお客様のご相談も多く、間取りの変更と一緒にリフォームされる方もいらっしゃいます。

今回は、和室から洋室へリフォームするメリットをご説明いたします。

■ライフスタイルの変化
和室の茶の間には、卓袱台(ちゃぶだい)や茶箪笥、和室の寝室には箪笥や布団という光景が一昔前には普通の光景でした。
生活スタイルも欧米化しつつあり、床の上に座る、寝る等の行動が減少したことも挙げられます。
現在においては、インテリアを自分好みしたいとき、和室より洋室の方がその選択肢が広げやすいことから洋室にリフォームしたいという要望が増えてきています。

■メンテナンスが楽になる
和室から洋室にリフォームするとメンテナンスの費用がかからなくなるという話をよく耳にします。
畳は半年に一度、日に干し、裏から竹などで叩いてほこりを取るというメンテナンスをおすすめしています。
和室の仕切りである襖は、色の変色・破れなど劣化したら張り替えなければいけません。
その点、洋室にリフォームすると、床は畳からフローリングへ、障子と襖はドアになるためメンテナンスが楽になります。また費用も抑えられます。

このように畳をフローリングにリフォームしたいとうメリットもありますが、最近の若い方は、和室をモダンな雰囲気にリフォームしたいというご要望もありました。

障子のかわりに和風のロールカーテンを取り入れたり、和室にありがちなベージュや薄いグリーンの壁をナチュラルなウッド風にリフォームしたり、モダンな雰囲気にはかかせないダークな色にすることで、グッとイメージがかわります。

鹿児島で和室のリフォームをご検討中の方は、是非鹿児島リフォームネットへご相談ください!お客様に最適なプランをご提案させていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました