鹿児島 リフォーム
フリーダイヤル0120-880-130 ネット受付24時間365日 ■サイトマップ

鹿児島のリフォーム動向トレンド

中古の戸建て、中古マンションを購入して自分の生活スタイルやこだわりを盛り込んだリフォームが近年多くなってきています。

リフォームをされた建物の築年数で最も多いとされるのは20~30年、その次は10~20年です。
家には、木材、や金属などの材料が使われていますが、経年による劣化はそれぞれで、大切なお住まいを長持ちさせるには適宜お手入れ(リフォーム)が必要になってきます。

リフォームする時期を逃してしまうと、補修をする際、費用が多くかかることもあります。早めの処置で費用がおさえられることもありますので家を建てたらメンテナンス・チェックをすることをおすすめいたします。
また定期的なメンテナンスを怠ると家の価値を下げてしまうことにもつながってしまいます。

リフォームのきっかけは、家の設備が古くなったり壊れたりしたときが全体的にも多く、使い勝手がよくない、老朽化などもあげられます。
家や設備の老朽化は、目に見える部分はわかりやすいですが、表から見える部分だけでなく見えない部分や老朽化している部分の内側も腐食しているケースも少なくありません。
屋外だと外壁の汚れ、コケなどの付着、木・鉄部分の腐食、バルコニーの防水の劣化、室内だと浴室、キッチン、洗面所など水まわり、床下地の腐敗など築10年前後で見られます。

築年数が20年前後で見られる劣化は、外壁のひび割れ、屋根の劣化や雨漏り、網戸のゆがみ、内装・水まわりのキズや汚れが目立つようになる、などです。
外壁のひび割れから水が入り、内部が腐食してしまうケースもよくあります。見えない部分も劣化が進行している可能性もあることを知っておきましょう。
家の構造部分のメンテナンスや点検を定期的にすることでリフォーム費用や家の状態にも大きくかかわってきます。

建て替えかリフォームするかで悩む時期は築年数25年以上経っている場合がおおいのですが、家の構造部分の劣化の進行次第で、建て替えされるかリフォームされるか検討するのも良いと思います。家が建てられたのが、1981年より前だと、現在の耐震基準に沿っていないので耐震面において不安ですから、その点も考慮するようにしましょう。

家の築年数が経つにつれて住む人の生活スタイルにも変化がおこることがあります。
浴室やキッチンを新しくしたい、間取りを変えたいなど、様々なきっかけでリフォームする場合もあります。
中古の住宅を購入して、デザインや使い勝手を自分のスタイルにリフォームする方も最近多くなってきています。

鹿児島リフォームネットでは、新築住宅、中古住宅を購入してのリフォームなど数多く手がけてまいりました。家、店舗のリフォームや建て替えをご検討されている方はぜひご相談ください。
最適なアドバイス、お客様のご要望にあったプランをご提案させていただきます。お見積りも無料ですのでお気軽にお問合せください。

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

鹿児島リフォームネット
〒890-0067 鹿児島市真砂本町23-11 Y'sBLD・Ⅳ 1F
TEL.0120-812-818

鹿児島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


鹿児島で住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっています。鹿児島のリフォームはお任せ下さい。
他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを鹿児島の皆さまに安心低価格でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。
各種リフォームやリノベーション(再生)、新装、新築注文住宅を鹿児島で専門とするリフォーム会社です。

© 鹿児島 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.