鹿児島 リフォーム
フリーダイヤル0120-880-130 ネット受付24時間365日 ■サイトマップ

鹿児島のリフォーム ロフトのある家

収納や趣味のスペースとしていろいろな活用ができるロフト。
ロフトは屋根裏部屋のことをいいます。
ロフトの主な使い方としては、物置きにすることが多いですが、賃貸マンションや賃貸住宅では寝室として使われることもあります。

部屋をより広く使えるのが一番のメリットですが、デメリットはやはり費用がかかってしまいます。お住まいをリフォームするときにロフトを作りたいというこだわりがあるかたは費用面も考慮しておきましょう。
ロフトは「屋根裏部屋」ですが、屋根が近いので夏は暑くなりやすいという点もデメリットの一つでしょう。

2階建ての戸建て住宅の2階の部屋にロフトを設ける場合、3階建てになるのでしょうか?というご質問を以前されたことがありました。
日本の建築基準法では、1.4メートル以下のロフトだと階数にいれなくてもいいことになっています。2階建ての家にロフトが1階として計算されると3階建てになるため法規制や税金にも関わってきます。

ロフトが1.4メートルの高さといっても常に1.4メートルの高さが取れるとは限りません。屋根の形によってはロフトの高さが1メートルしかとれない、ということもあります。
天井が低くなると大人だと移動するのも大変ですし、ロフト内の天井で頭を打つなんてこともあり得ます。
ロフトを作る場合は天井の高さがどのくらいになるのかも要チェックです。

部屋のロフトといえば、はしごで上がるイメージが強いのですが、はしごだと物置きとして活用すれ物の出し入れや昇り降りにも注意が必要だったりとストレスになることもあります。せっかく収納スペースとして作ったロフトも物の出し入れが面倒になりほとんど使わなくなってしまったというロフトも多いようです。
できれば階段であがるロフトにするの良いでしょう。

収納スペースとしてだけでなく、子供の遊ぶスペースや寝室として使いたいという人もいると思います。物置きとしてでなく多目的な使い方をする場合は、人があつまるリビングに作った方が効果的に使えます。
2階の部屋や個室などにロフトをつくる場合は、物置きとして使用するほうが無難です。

リビングに作ったロフトは個室に作ったロフトより有効活用されやすく、リビングとロフトがつながっていると部屋が広く見えて開放感も出ます。さらにロフトからリビングの眺めが良ければロフトを使うことも多くなります。

単純な屋根裏に階段で上がっていくロフトをつくる費用は、普通に部屋をつくる場合と殆ど変わりません。
土地が小さい、家がこれ以上大きくできないといった場合は、ロフトも有効的に使用できると思います。もしロフトを作りたい、リフォームしたいとお考えの方は実用性も考えたロフトにしましょう。

鹿児島リフォームネットでは、お客様のご要望やこだわりをしっかりと伺ってご提案致します。ご相談・お見積りは無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

鹿児島リフォームネット
〒890-0067 鹿児島市真砂本町23-11 Y'sBLD・Ⅳ 1F
TEL.0120-812-818

鹿児島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


鹿児島で住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっています。鹿児島のリフォームはお任せ下さい。
他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを鹿児島の皆さまに安心低価格でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。
各種リフォームやリノベーション(再生)、新装、新築注文住宅を鹿児島で専門とするリフォーム会社です。

© 鹿児島 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.