鹿児島 リフォーム
フリーダイヤル0120-880-130 ネット受付24時間365日 ■サイトマップ

鹿児島で飲食店のリフォームをお考えの方に

鹿児島で、新規に飲食店を出される方でリフォームや改装工事をお考えの方に居抜き物件を利用したリフォームでの注意点をまとめてみました。内装工事やリフォームは資金的にも大きなウェイトを占めるものですので、しっかりと予算と計画を立てて望みたいものです。

飲食店でのリフォームは、一般的な店舗と比較すると、水回りの給排水工事や厨房設備が絡んできますので、ここをどうするかによって金額が大きく変わってきます。
新規でお店を出す際に、リフォームのコストを抑える方法でよく取り上げられているのが居抜き物件を利用することです。居抜き物件とは、前のお店が利用していた設備がそのままで残っている物件です。店舗の設備や内装などが入っていないスケルトンの物件と比べると、現状の厨房設備や空調設備などがそのまま利用できるため、コストを抑えられる可能性があります。リフォームする前の物件探しの段階で、こういった設備の有無を確認しておきましょう。

居抜き物件を利用する際の注意点としては、以下のものがあげられます。まず、中に入っている設備の状況次第では、故障の可能性や現状のままでは利用できないため追加でリフォームや設備費用が発生する可能性があります。また、一度他のお店が撤退した場所になるため、立地によるアクセスや売上になにかしらのリスクが内在している可能性があります。以前の設備を利用する以上、大幅なデザインの変更がしにくい場合があり、前店舗のイメージに影響されてしまう可能性もあります。

また、スケルトン・居抜き物件共に、水道やガス管、空調などのインフラに関わる部分は現状がどうなっているかきちんと把握しておく必要があるため、業者とじっくり相談してから、リフォームされることをお勧めします。また、同じ飲食店の居抜き物件でも、喫茶店のような軽食がメインのお店と、中華料理のような火力や必要なお店では、必要な設備が異なってきます。自分のお店の設備と居抜き物件の設備を把握してからリフォームされると余計なコストを抑えることができます。

居抜き物件は上手に利用すると、初期投資額を抑えることができます。賃料に関してもスケルトン物件と比べると既存のものを利用できるため、オープンに費やす時間が短くなり早く売上を上げることができるのも大きなメリットになります。

鹿児島で飲食店のリフォームをお考えの方は、鹿児島リフォームネットにお気軽にご相談下さい。

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

鹿児島リフォームネット
〒890-0067 鹿児島市真砂本町23-11 Y'sBLD・Ⅳ 1F
TEL.0120-812-818

鹿児島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


鹿児島で住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっています。鹿児島のリフォームはお任せ下さい。
他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを鹿児島の皆さまに安心低価格でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。
各種リフォームやリノベーション(再生)、新装、新築注文住宅を鹿児島で専門とするリフォーム会社です。

© 鹿児島 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.