鹿児島でリフォームされる方へー業者とのトラブル回避のために

鹿児島の会社で安心して工事を任せたけど、出来上がると思っていたのと違ったり、予定以上に費用がかかってしまったり、という声を聞きます。鹿児島に限った話ではありませんが、リフォームに追加はつきものと思っていたほうがいいでしょう。
というのも、古い住宅では特に工事をはじめないとわからない壁の中、床下の痛み具体によってそこから修繕する必要がでたりするのです。
たとえばユニットバスに交換というシンプルに思えるリフォームでも壁をはがしたら中が腐ってたのでこれらの交換が必要になったというようなものです。この場合、くさった柱や土台をそのままにはできないので追加工事は避けられませんし業者としても見てみないことにはわからないことなのです。
ですからもしもの場合のために心構えとゆとりある予算の確保が必要です。また、業者から想定される問題もあらかじめ教えてもらうとよいでしょう。

また、古い住宅の内装をリフォームする際に、スケルトンリフォームでなく部分的にリフォームすると古いものと新しいものが混在して見た目的におかしなことになってしまったということがあります。
部分リフォームをする際でもそこだけに集中するのではなく周りのインテリアと馴染むように上手にリフォームしてくれる業者を選びましょう。見積もりを依頼する際にどのようなアドバイスをもらえるかポイントをおさえておきましょう。

私たち鹿児島のリフォームネットでは、お客様の予を有効に活用できるように総合的な観点からリフォームのご提案をいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました