鹿児島でのマンションリノベーションもお任せ下さい!

11月に入り南国・鹿児島も気温が低い日も多く寒くなってきました。気が付けばあっという間に今年も残り1ヶ月半になりましたが、鹿児島リフォームネットでは、今年も数多くのマンションのリフォーム、リノベーションを行いました。
分譲マンション、賃貸マンションのリノベーション、間取り変更など大掛かりなリフォーム工事から、玄関のドアの交換。室内の壁、キッチン、トイレなど部分的なリフォーム工事までたくさんのご注文をいただきありがとうございました。

特に賃貸物件のマンションにおいては、リフォーム前には空室だった部屋もリフォーム後に入居者が次々と決まってオーナー様にも喜んでいただけました。

築年数が30年近いマンションだと室内の作り、外観、共有部分など、使用するには問題なくても見た目のキレイさや設備も新しいものを取り入れることによってガラッと雰囲気が変わります。
毎日の暮らしに関わるとても大切なトイレ・お風呂・キッチンなどの水廻りをリフォームするだけでも入居者にとって快適な生活ができ満足度はアップします。

ただし、キッチンやトイレなど水廻りの移動があれば排水管経路も関係しますので、リノベーションをお考え方は専門のリフォーム業者にみてもらいましょう。
排水管は勾配を取るために床の高さが必要です。床下の空間が狭くて勾配がとれない、排水管がコンクリートに埋め込まれているといった場合は、思うような配置はできないかもしれません。

このようにマンションリノベーションでの注意点は、構造による制約と法律、または管理規約による制約がありますので、リフォーム・リノベーションを考える前に確認しておきましょう。

リフォーム、リノベーションをしたいと思ったらまずはお気軽にご相談ください。鹿児島リフォームネットにはマンションのリフォーム、リノベーションが初めて何もわからないという方のお問合せもたくさんいただいておりますので安心してご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました