鹿児島 窓リフォーム 寒さ対策

南国鹿児島も毎日寒い日が続いています。インフルエンザも猛威を奮っていますので体調管理には気を付けてくださいね。

寒い日は、暖房を入れていても冷えを感じるこがあると思いますが、その原因、実は窓からの冷気によることが多いのはご存知ですか?
窓ぎわに立ってみると、ひんやりとした窓ガラスで冷えを感じることがほとんどです。

古い一軒家だから、一戸建てだから仕方がない、等とあきらめてしまう前に、窓のリフォームを考えてみましょう。

窓の主な役割は、採光、通風・換気、眺望・遮音・防火性などがあります。
快適な部屋のためには、気密性・断熱(防寒)性も重要ですが、窓には壁ような断熱材などありませんので、壁部分よりも断熱性が落ちてしまいます。いくら暖房を入れていても熱がどんどん逃げてしまい、光熱費がかさむことにもつながってしまいます。

最新の住宅は、省エネということもあり、窓の断熱性が高いので、寒い日でも暖かく過ごせて、光熱費もおさえることができます。
築年数が経った家だと、窓ガラスが1枚ということもありヒンヤリと冷えを感じてしまうのですが、ガラスを断熱性が高いエコガラスにする、二重窓にするといったリフォームで断熱性能を上げることができます。
窓のリフォームをすることで、結露が少なくなることにもなるのです。
寒さ対策で、部屋の快適性をあげるには、窓の断熱性を上げることが一番の早道なのです。

家の寒さ対策で、窓のリフォームをご検討中の方は鹿児島リフォームネットまでお気軽にお問合せください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました