断熱窓の重要性

窓を替えるだけで本当に断熱効果があるのか?その違いはあまり交換してみないことにはあまりぴんとこないでしょうけど、実際に窓からの熱の出入りが一番多いのです。なぜなら壁等と比べて窓に使われている素材の断熱性が低いから。

冬、暖房が効きにくいのはサッシが外に熱を伝えてしまうためです。窓の断熱性を高めるには、サッシのガラスとアルミ枠の部分から熱が伝わらない施工をします。ガラスとガラスの間に空気のを層をつくって断熱性を高めた複層ガラスやアルミ枠の中に部分に樹脂を被せた製品の使用など、方法はいくつかあります。次世代エネルギー基準では、それほど寒冷でない地域ではガラスを2重にすることが最低基準とされています。
工事にはガラスのみの交換とサッシごと交換する方法に加え、内窓の取付だけというのもあります。サッシ自体をリフォームできない集合住宅でも取り付け可能ですが開閉に手間がかかります。

鹿児島で気になるのは暑い夏を乗り切るための工夫として窓の遮熱効果だと思いますが、外気の高い気温を室内に伝えないようにするのは屋根と壁の断熱が有効ですが、日射による熱は窓の断熱ガラスを素通りしてしまいます。複層ガラスの中には断熱だけでなく遮熱に優れたもの物あるのでご興味のある方はご相談ください。
カーテンやブラインドで日射を遮る方法もありますが、それらが内側についている場合、窓ガラスから日射熱を素通りして内側に伝わるのでその熱を室内に放熱してしまいます。
一方、外付けでブラインド等を設置した場合は窓ガラスに届く前に日射熱を受けるので暑くなりにくく、遮熱ガラスより効果大です。

鹿児島のリフォームは鹿児島リフォームネット
緑のカーテンもうまく育てることができれば効果抜群です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました