断熱性を高めるエコリフォーム

暑い夏がやってきました。節電を強いられている今ですが、エアコンなしではいられないというお宅も多いはず。
逆に冬は暖房をつけているのになかなか暖まらないなど戸建ての場合はその温度差はさまざま。
特に古い戸建て住宅は、蒸し暑い夏を乗り切るための工夫として日を除け、風通しを重視して作られていました。だから特に冬は寒く感じられるのでしょう。

鹿児島のリフォームは鹿児島リフォームネット

高断熱が普及されたのは近年のことで、最近は省エネを促進する法律もできて一気に断熱の技術も進歩しその採用が一般化してきました。
マンションに比べ、戸建ては寒いと言われていたものも今ではそのようなことはありません。

断熱とは一方の熱を他方に伝わりにくくすることです。屋根や外壁など外気に接する部分に断熱材を施し、外の寒さを室内に伝えず、室内の熱を外に逃さないようにするので暖房器具の使用軽減につながるのです。

エコリフォームによる「CO2の排出量削減」
このエコに繋がるリフォームに対して住宅エコポイントをはじめ様々な制度があります。窓からの熱の出入りが一番多いこと、取り入れやすいことから窓の断熱化の需要が増えています。西日がきつい、2階が極端に暑いという場合、窓や壁に断熱改修を行うと快適に過ごしやすくなることでしょう。ここ数年は屋根、床、壁の断熱改修が多くなりました。

断熱リフォームをすると部屋と廊下、床と天井付近の温度差が小さくなります。そのため冷暖房を必要とする期間が短くなる上に冷暖房が以前より効果的になることを実感いただけます。更には高熱費も安くなって家計にも役立ちます。
リフォームと合わせて最新の省エネエアコンの設置をされることをお勧めします。効果が高い上に電気代も今までより安くすむはずです。

エコリフォーム、鹿児島の蒸し暑い夏を快適に過ごすためにもエコリフォームのこと考えてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました