建替えかリフォームか

建替えかリフォームか
どちらが優れているかは一概に言えません。
マンションに住んでいる場合は建替えが難しいため、
リフォームになるかもしれませんが
戸建ての場合はどのような状況にあるかによって
建替えかリフォームかその答えは様々だからです。

 

一般的には
築30年以上経過している場合は建替えを、
築10~20年という方はリフォームを選ぶことが多いようです。
しかしながら、
場合によってはリフォームを検討していても
建替えの方が安く済むこともありますので
建替えかリフォームかよく検討しましょう。

 

ところが、最近では建替えの時期になって
資金計画も法的にもまったく問題がないにも関わらず、
建替えかリフォームか、どちらも選べない家が
増えてきています。

 

実は、昨今のリフォームブームで
気軽な気持ちで改築・増築してしまうケースが急増、
結果として、必要に迫られたときには
十分に減価償却できていないということも。
時間の経過とともに基礎の劣化や沈下、
重要な部分の腐食や傷みがひどい場合は
建替えが良いと思っていても
こだわって一生懸命造った浴室やトイレが
10年ぐらいで壊してしまうのは
「もったいない!」という気持ちになるようです。

 

闇雲なリフォームは後悔の元、
将来を見据えて計画的に行いましょう。

 

人生設計を確定させることは難しいですが
その家に住むのは誰なのか、今の状態であと何年住むのか、
家族は増えるのか、子供はいつ独立するのかといった
ある程度の予測は必要です。
そこに住む家族の暮らしに合わせて
建替えかリフォームか、ベストな選択肢を選びましょう。

建替えかリフォームか

コメント

タイトルとURLをコピーしました