中古住宅を買ってリフォーム 鹿児島

今回のリフォーム事例は、もともと新築を検討していましたが、立地環境、資金面などの問題もあり、リフォームすることを前提に広さや部屋の数を考慮して、築17年の木造一戸建てを買ってリフォームしたという事例をご紹介します。

少し暗い印象だったリビングは、構造上必要な部分を残して隣室との壁を取り払い、ひとつづきにリフォームして、床や壁も白で統一することによってさらに明るく開放的な空間に。リフォームで壁を取り払ったことで家事など効率的な生活動線も確保できました。

リビングでもう一つこだわった部分は、壁掛けテレビのサイズやスピーカーなどの配線を隠したテレビスペースのリフォームでした。正面から配線が見えないよう棚を設置したり、テレビのサイズや機器の種類など事前に把握できていたのですっきりした印象にリフォームすることができました。
その他の部屋や建具などは、いかせるところはいかして、工夫を凝らした壁面収納をはじめ便利な収納スペースを適所に新設しました。

立地環境を優先した中古物件は、自分の好みのデザインとは限りません。ですが、もともとの空間を生かし、自分の好みを取り入れた家へのリフォームはコスト面も抑えられます。
自分たちのこだわりやライフスタイルをリフォームプランに取り入れるのも案外楽しく、リフォームのよさでもあります。
また風通しもあまり計算されていない開放感が乏しい中古住宅は、通気性を考慮したリフォームで解消されることもあります。

鹿児島リフォームネットは、お客様と一緒になってご自宅のリフォームのことや店舗リフォームの事を考え、ご要望や思いにもお応えできるよう、そして長年の経験から判断してお客様に最適最良のプランを提案させていただきます。
鹿児島でリフォームをご検討中のかたは、鹿児島リフォームネットまでお気軽にご相談ください。

鹿児島 中古住宅 リフォーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました