鹿児島 リフォーム
フリーダイヤル0120-880-130 ネット受付24時間365日 ■サイトマップ

一戸建てリフォームでどんなことができる?

戸建て住宅だと、自由にどんなリフォームでもできる!とお考えの方も多いと思います。
間取りの変更、和室から洋室にリフォームする、窓を増やしたい、2階建て3階建てにしたい、などお客様によって様々なご要望がありますが、建築基準法によってできることとできないことがあり、自分の持ち家だからと自由にリフォームしても良いというわけにはいきません。

鹿児島のみなさま、戸建て住宅のリフォームで、できること、できないことがあるのをご存知ですか?
今住んでいる家や中古の戸建てを買ってリフォームしたいと思ったら確認しましょう!

●間取りの変更はできる?
もちろん可能です。
既存の建物の構造や工法により自由度は変わります。
在来工法や鉄骨造、鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)は、建物を支えている柱や梁、筋外の移動はできませんが、間仕切りの壁は移動可能ですので、間取りの変更はやりやすいといえます。
ツーバイフォー(2×4)工法や壁式構造は、床、壁、天井で建物を支える工法のため、間取りの変更は制限されてしまいます。

●築年数が30年以上経っている家でもリフォームはできる?
築年数30年以上の建物でもリフォーム可能です。
ただし、建築基準法が改正される前の1981年(昭和56年)よりも前に建てられた家は注意が必要です。
改正された建築基準法の耐震基準に満たない場合があるからです。
満たない場合は、耐震補強が必要になることがあります。

●2階建てを3階建てにできる?
基本的はできません。
なぜかというと、建物を支えることが構造的に難しいためです。
建物の高さが法律的に制限される場合(斜線制限)もあります。

●窓を増やしたい、大きな窓にリフォーム、できる?
基本的に、建物を支えている壁に窓を増やすことはできません。
既存の窓を大きくする場合、窓の幅を広げることは難しいですが、高さを高くすることは比較的容易です。

●増築はできる?
建築基準法で定められている建ぺい率や容積率によって異なります。
既に法定いっぱいに建っている場合は増築できません。

※建ぺい率・・・敷地面積に対する建築面積の割合
※容積率・・・・敷地面積に対する延床面積の割合

●吹き抜けを作りたい!できる?
木造住宅であれば可能です。
ただし、構造的に弱くなる部分ができる可能性がありますので、ほかの部分で補強が必要になることがあります。
工法によって、壁、床、天井で建物を支える構造だとできない場合があります。

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

鹿児島リフォームネット
〒892-0837 鹿児島県鹿児島市甲突町21-5
TEL.0120-880-130FAX.099-208-7766

鹿児島の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


鹿児島で住宅からマンション、店舗、ビルまでのリフォーム・リノベーションを行なっています。鹿児島のリフォームはお任せ下さい。
他社とは違う!ワンランク上のリフォーム・リノベーションを鹿児島の皆さまに安心低価格でご提案させていただきます。各種住宅ローン、リフォームローンも取り揃えていますのでお気軽にお問合せください。
各種リフォームやリノベーション(再生)、新装、新築注文住宅を鹿児島で専門とするリフォーム会社です。

© 鹿児島 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.